大人ニキビの原因と治し方!スキンケアのおすすめや化粧水は?



20歳以上のひとがなるニキビを大人ニキビといいます。

大人ニキビに悩まされてはいませんか?

大人ニキビは10代とは違ってターンオーバーが遅れているために跡が残りやすくなります。

ニキビ跡はシミにもなるため、しっかりと対処しなければなりません。

大人ニキビの原因は?

10代でできる思春期ニキビは、過剰に分泌された皮脂により毛穴がつまることでできてしまいます。

それに対して大人ニキビはターンオーバーのリズムが遅くなることで古い角質層がうまくはがれず、毛穴をふさいでしまうことが大きな原因となります。

そして、ふさがった毛穴にアクネ菌が増殖して炎症が起きることで大人ニキビとなるのです。

ターンオーバーのリズムを乱す根本的な原因は以下のとおりです。

ストレス

皮膚の構造は、大きくわけて表皮、真皮、皮下組織の3層構造です。

そして、表皮は外側から、角質層、顆粒層(かりゅうそう)、有棘層(ゆうきょくそう)、基底層(きていそう)といった構造になっています。

過度のストレスをうけることにより、ターンオーバーの始まりである基底層の細胞をつくる働きが阻害されてしまいます。

睡眠不足

ターンオーバーは基本的に睡眠中に行われます。

慢性的な寝不足や生活リズムの乱れは睡眠のリズムを大きく乱します。

睡眠前のハードな運動も禁物です。

睡眠前の筋トレなどのハードな運動は、安眠の阻害してしまいます。

睡眠の乱れによりターンオーバーのサイクルも乱れてしまいます。

睡眠不足は、お肌の睡眠不足でもあるのです。

スキンケア不足

表皮の一番外側にある角質層が乾燥しているとターンオーバーの乱れにつながります。

乾燥だけでなく、顔にメイク汚れなどが残っている場合もターンオーバーの乱れの原因となります。

食生活の偏り

ビタミンはターンオーバーのためにはとても大切な栄養素です。

ビタミン不足になると、ターンオーバーを阻害してしまいます。

飲酒

ルコールを分解するとき、体内の水分と多くのビタミンを消費してしまいます。

それにより、ターンオーバーのサイクルを乱してしまいます。

紫外線

紫外線は肌にダメージを与えます。

ダメージをうけた肌は早く細胞の修復をしようと働き、ターンオーバーのサイクルを早めてしまいます。

ターンオーバーは遅くなることはもちろん問題ですが、早いターンオーバーも肌にはよくありません。

生理によるホルモンバランスの変化

生理前になると肌の調子が悪くなったりしませんか?

これは女性ホルモンである卵胞ホルモンの影響によるものです。

卵胞ホルモンは、ターンオーバーを正常化するホルモンです。

ホルモンバランスの乱れにより、卵胞ホルモンが減ってしまうとターンオーバーが正常におこなわれなくなります。

喫煙

喫煙により血行が悪くなり、ビタミンCを破壊します。

それは、ターンオーバーに大きく影響します。

そして、たばこの有害物質の粒子が肌に付着して毛穴を塞いでしまうこともニキビの原因となります。

これらの原因に当てはまるものはありましたか?

大人ニキビの対策として、規則正しい生活や食事、スキンケアがとても大切だということがわかりますね。

それでは、具体的な治し方をご紹介します。

大人ニキビの治し方

ストレス解消方法をみつけましょう

ストレスをためないようにすることはなかなか難しいですよね。

そこで、自分なりのストレス解消法や、リラックス方法をみつけてみましょう。

自分が楽しく、またはリラックスして時間を過ごすことで、ストレスを解消することができます。

睡眠をしっかりとりましょう

睡眠時間を確保することも必要ですが、睡眠前の入浴やハードな運動も控えましょう。

また、睡眠前にテレビやパソコン、スマートフォンなどをの画面をみることも安眠の阻害となりますので控えましょう。

スキンケアをしっかりしましょう

スキンケアの基本は洗顔です。

まずは洗顔方法を見直しましょう。
洗顔をする際は、ぬるま湯を使い、ごしごし擦らないように注意しましょう。

洗顔のときによく泡立てる理由は、毛穴の汚れを取り除くためだけでなく、摩擦を起こさないためでもあります。

摩擦などの刺激はスキンケアの大敵です。

また、洗顔後は肌が乾燥しやすいため、すばやく保湿するように心がけましょう。
基礎化粧品をつける際も洗顔するときと同様に、摩擦を起こさないように注意しなければなりません。

どうしても力がはいってしまうひとは、まずは手のひらに広げて、優しく顔を包み込むようにしてつけていきます。

食生活を改善しましょう

ビタミン類はターンオーバーに欠かせない栄養素です。

どんな食材にビタミンが含まれているのでしょうか。

ビタミンA

にんじん、レバー、かぼちゃ、ほうれん草、春菊、海苔 など

ビタミンB群

牛レバー、かつお、まぐろ、さば、鶏ささみ、バナナ、卵、大豆、豚肉 など

ビタミンC

ブロッコリー、ピーマン、キャベツ、いちご、キウイフルーツ、レモン など

ビタミンE

いくら、たらこ、いわし、すじこ、かぼちゃ など

栄養バランスのとれた食事をとるようにこころがけましょう。

お酒はほどほどに

飲酒はほどほどが一番です。

寝酒の習慣があるひとは、まずはそこから改善していきましょう。

紫外線から肌を守るための対策もしましょう。

日焼け止めクリームをしっかりと塗ることも大切ですが、日傘、帽子などを使い、肌を紫外線から守りましょう。

日傘や帽子を選ぶ際は、遮光機能がしっかりしたものを選ばなくてはなりません。

遮光機能がしっかりしていないと、紫外線は生地を簡単に通過してしまいます。
「光をさえぎっても紫外線は肌に届いている」といったことのないようにしましょう。

禁煙する努力をしましょう

禁煙はなかなか難しいことです。

私も昔喫煙者でしたので、気持ちはよくわかります。

私は、「老化したくない」「肌をきれいにしたい」という気持ちで禁煙に成功しました。
自分だけではなかなか難しいという方には、禁煙外来という選択肢もあります。

医師に相談するなど禁煙の努力をしましょう。

大人ニキビにおすすめの化粧水は?

さまざまなメーカーからさまざまな種類の化粧水が販売されていて、何を選んでいいのか悩んでしまいますよね。

私も大人ニキビに悩まされた時期もありました。
大人ニキビだけでなく、そのほかの肌トラブルにも悩まされた過去があります。

いろんなスキンケア商品を試した結果、私がたどり着いたスキンケア商品をご参考に紹介いたします。

それは、エンビロン化粧品です↓

エンビロン化粧品はニキビの自然治癒力を高めるビタミンAが多く含まれています。

通常ですとエンビロン化粧品は取扱いクリニックやサロンでしか購入ができません。
そして、エンビロン化粧品を使うためにはプロによるカウンセリングが必要です。

ビタミンA濃度の段階別に化粧品が用意されていますが、使い始めはビタミンAにより肌が赤くなるなどの好転反応が出てしまいます。

私がエンビロン化粧品を使い始めたときは、エンビロンを取り扱っているエステサロンでサロンケアをうけながら、同時にホームケアをしました。

好転反応の時期は、頻繁にエステサロンに通い、プロによる対処をしてもらいました。
今ではホームケアのみですが、サロンケアにはかなりの金額をつかいました。

スキンケア商品もそれなりの価格ですが、コストパフォーマンスはいいと感じていますのでおすすめです。

最後に

大人ニキビを治すためには、生活習慣や食生活の改善など、日々の積み重ねが必要です。

ターンオーバーは、正常な場合は28日ですが、肌状態によってその周期はさまざまです。

つまり、効果がでるまでは1か月ほど、場合によってはそれ以上待たなければなりません。

焦ることなく、お肌が生まれ変わるのを待ってあげることも大切です。


こちらの記事も読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ