絆創膏ダイエットの方法や効果は?お腹や足などの貼り方は?


絆創膏ダイエット」というダイエット方法を知っていますか?

ダイエットというと、糖質を制限したり、間食を控えたり、有酸素運動素をしたりする等、食事を制限したり、運動を行う方法が多いです。

ところが、今回ご紹介するのは「絆創膏を貼る」という方法です。

絆創膏は本来、傷口を保護する為の医療品です。
それを使って、お腹や足を細くするだなんて本当に効果があるのかと、疑問に思いますよね。

しかし、ポッコリとしたお腹や足に絆創膏を貼ることでダイエット効果があるのなら、試してみたいと思いませんか?

今回の記事では、噂の「絆創膏ダイエット」の方法、そして、ポッコリお腹や足に効果的な絆創膏の貼り方をご紹介していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

絆創膏ダイエットはどんな方法なの?

絆創膏ダイエットは東洋医学をベースとしたダイエット方法です。

どのダイエットでも言える事ですが「絆創膏でダイエット出来るのだろうか?」と疑心暗鬼になっていては十分な効果が得られません

まずは東洋医学西洋医学の違いについて知り、知識を深めた上で絆創膏ダイエットを行いましょう。

私たちが体調を崩してお医者さんへ罹る時に受ける治療は、西洋医学によるものです。

東洋医学とはメスや薬を使わず行う治療方法で、鍼灸治療(極細の針やお灸を用いてツボを刺激する治療方法)や漢方による治療を主に行います。

一方の西洋医学は、メスや薬を使って、外部からの治療により、不調の原因を取り除きます。
そして原因によって専門医が異なり、それぞれの医者が考える薬を処方したり、手術をおこないます。つまり部分的に診断し、胃の調子が悪ければ、胃を中心に診断するのです。

ですが東洋医学では、体は多くの臓器や細胞と密接な関係上で成り立っている、つまり全体的に診断し、胃の調子が悪い時は、それが本当に胃だけの問題なのか、はたまた他の部位が原因で胃に症状として現れているのか、という様に考えます。

そしてそれぞれの医学には、メリットとデメリットが存在します。

西洋医学は、原因に対して直接アプローチし、即効性がありますが、人体への負担は大きいです。
一方の東洋医学は、患者の自然治癒力による治療法なので、治療にかかる時間は長いですが、人体への負担は軽いです。

上記を簡単にまとめると、このようになります。

西洋医学

・メスや薬を用いる。
・不調となる症状が出ている時は、体のパーツごとに診ていく。
・原因へ直接アプローチするため、即効性のある治療方法。
・患者への負担が大きい。

東洋医学

・鍼灸治療や漢方治療を用いる。
・不調となる症状が出ている時は、体のパーツごとなのか、それとも他に原因があり、症状としてその場所に症状が出ているのか診ていく。
・患者の自然治癒力を高めて治療するため、時間がかかる。
・患者への負担が軽い。

そして「絆創膏ダイエット」では「ツボ」がポイントとなってきます。

「ツボ(経穴(けいけつ)とも言う)」とは、経絡(けいらく)上にある場所の事で、この場所を押すと気の巡りが良くなると言われている場所です。
全身に365か所あり、治療する臓器や症状によって、押す場所が異なります。

一方「経絡」とは、気が流れる経路の事です。

」とは生命エネルギーのことであり、滞ると疲労感や偏頭痛、怒りっぽくなるなどの症状が出てきます。

気の巡りが良ければ必要不可欠なエネルギーですが、それが滞ってしまうと、私たちにとっては毒素になります。
また、人体に異常が発生すると、それに関連したツボに痛みやしこりなどの症状が現れるといいます。

なので、ツボ押しで痛いと感じる方は、そこに毒素が溜まっているということです。

つまり、東洋医学をベースとしている「絆創膏ダイエット」は、絆創膏によりツボを刺激する事で気の巡りを良くし、体にたまった毒素を流すことで代謝が上がり、ダイエット効果が得られるということです。

時間はかかるものの、過度の食事制限をする訳ではないので、飢餓スイッチが入りにくいと考えられます。
さらに、ただ貼るだけなのでストレスが溜まりにくいというメリットもあります。

これらの事から、リバウンドは極めて少ないと言えるダイエット方法ですね。

今回の「絆創膏ダイエット」では、この365か所あるツボの中から、お腹に効く「中極(ちゅうきょく)」そして足に効く「血海(けっかい)」と「三陰交(さんいんこう)」というツボをご紹介していきます。

絆創膏ダイエットに効果のあるツボはどこ?

お腹にあるツボ「中極(ちゅうきょく)」

中極は、おへそのから指4本分下の所にあります。

そこに絆創膏を縦に貼りましょう。
ツボに効果的にアプローチするには、絆創膏を上から下へ、下半身に向かって引っ張るように貼り付けます

中極は下半身の冷えに効果的なツボです。
冷えは血行不良を招き、基礎代謝が下がるため、ダイエットにおいて大敵です。

また、体温を保つために体の中心部へ血液を集めるので、手足への血流量が低下することになり、細胞が必要な酸素や栄養分が届きにくくなります

体の中心部に血液を集めるということは、その部分に水分が増える、つまり「むくみ」が生じるということに繋がります。

もし今までに貴方が「せっかくダイエットしたのに、なかなか効果が現れないな」と感じているのなら、それは冷えによってもたらされる「むくみ」が原因のひとつなのかもしれません。

ですが中極を絆創膏で刺激する事によって、気の巡りが良くなれば、貴方のお腹のむくみは取れやすくなるでしょう。

ちなみに中極は下半身の冷えだけでなく、頻尿や生理痛の改善にも効果的です。
ただし、前立腺肥大や糖尿病などの病気によって起こる頻尿の場合は効果がありません

足にあるツボ「血海(けっかい)」と「三陰交(さんいんこう)」

(1) 血海

膝の皿の上部、内側の角から指3本上の所にあります。

中極の場合は上から下へ、下半身に向かって引っ張るように貼りましたが、血海は下から上、上半身へ向かって引っ張るように貼り付けます

血海は下半身の冷えを取り除き、むくみに効果的です。
なぜ、冷えとむくみがダイエットに関連しているかは、中極で説明した通りです。

また、生理痛や生理不順、更年期症状にも効果的なツボです。

(2) 三陰交

足首の上部、内くるぶしから指4本上の所にあります。

血海の時と同様に、下から上、上半身へ向かって引っ張るように貼り付けます

三陰交は下半身の冷えを改善させる他、生理痛や生理不順、不妊、更年期症状にも効果があります。

【スポンサードリンク】

絆創膏ダイエットの効果をより高めるには

ツボを押すことで冷えが改善され、お腹や足のむくみが緩和されます。

しかし、もし貴方が塩分の多い食事を摂り続けている場合は、絆創膏ダイエットによる効果が現れにくいでしょう。

塩分は体内でナトリウムに変換されますが、この時、体は浸透圧を保つために、水分を溜め込もうと働きます。

なので絆創膏ダイエットの効果をより高めるために、塩分の高い食事を改善するようにしましょう。
料理にかつおだしや昆布だしを取り入れると、うまみ成分のおかげで塩分を控えることが出来ます。

適切な食事バランスと運動を取り入れるようにすると、さらに効果が高まります。

絆創膏の貼り方

絆創膏でツボを刺激する時は、絆創膏の端の、粘着部分をツボに当たるようにしてください。

また、皮膚に汚れや水分、油分が付着している状態で絆創膏を貼ると、すぐに剥れてしまうので、皮膚を清潔にしてから貼りましょう。

そして、絆創膏の粘着部分でかぶれてしまわないように、1日1回は絆創膏を取り換えるようにしましょう。
かぶれる原因には、アレルギー反応や、通気性の悪い絆創膏による細菌の繁殖、そして絆創膏を剥離する際によるかぶれなどが挙げられます。

そのため絆創膏を剥す時は、勢いよく剥すのではなく丁寧にゆっくりと剥し、清潔感を保つようにしましょう

絆創膏ダイエット以外でも多数のダイエット法をまとめておりますのでいろいろなダイエット法もご参照頂けたらと思います。

最後に

いかがでしたか?

今回ご紹介させて頂いた「絆創膏ダイエット」は、東洋医学のツボを用いた方法でした。

特に女性は、男性に比べて筋肉の量が少ないので、冷えが改善されるのは嬉しい事ですし、なによりデスクワークの方はむくみやすいので、オススメのダイエット方法です。

他にもツボはたくさんあるので、調べてみると面白いかもしれませんね。

【 スポンサードリンク 】

こちらの記事も読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ