ブルベ、イエベの見分け方!それぞれの似合う色は?


コスメサイトなどでよく目にするブルベイエベ

ブルベはブルーベース、イエベはイエローベースという言葉の略なのですが、これは私たちの肌の色を大きく2つに分けたものです。

それぞれに似合う色があるので、知っておくとメイクや洋服、小物選びなど自分に合ったものがわかります。

自分の肌が、どちらがベースなのか分かっておくには、見分け方を知る必要があります。

今回はブルベ、イエベの特徴や見分け方をまとめたので、これを知ってぜひ似合う色を使ったおしゃれを楽しんでみて下さい。

ブルベ、イエベどちらかを知ろう!

それぞれの特徴をまとめたので、どちらなのか見分ける参考にして下さい。

ブルベの肌の特徴

すっぴんの状態でチェックしてみて下さい。

ブルベの人の肌はみよりが多いです。

また色白の人が多く、青白かったりピンクっぽい場合もあります。

頬はが強いか青みピンクです。

唇は赤系か桜またはローズよりです。

髪、瞳の色は黒や落ち着いた色が多いです。

日焼けをすると赤くなるが、すぐにもとの肌の色に戻るという特徴もあります。

ブルベだからといってすべて当てはまるわけではありませんが、多く当てはまるようでしたらブルベの可能性が高いです。

イエベの肌の特徴

すっぴんの状態でチェックしてみて下さい。

イエベの肌は黄味がかっている人が多いです。

黄色人種の日本人はイエベが多いそうです。

頬はオレンジやコーラルです。

唇はサーモンピーチ、コーラルなど肌の色に近いです。

髪、瞳の色は茶色がかっていることが多いです。

日焼けしたときに、すぐにもとの肌色に戻らず小麦色になるもの特徴です。

これらに多く当てはまるようでしたらイエベの可能性が高いです。

腕

出典元:https://i-voce.jp

ブルベ、イエベの見分け方

先ほどはそれぞれの特徴を記しましたが、他にも見分ける方法があるのでチェックしてみて下さい。

  • 血管の色
  • 爪の色
  • 手のひら

血管の色は、まず手のひらを上にして手首の血管を見て下さい。

血管の色が青色に見える人はブルベで、緑色に見える人はイエベです。

腕

出典元:https://i-voce.jp

爪の色は、まず2~3秒指先を強くつまんでから離します。

ブルベの人は爪の色がローズピンクや青みがかった紫になり、イエベの人はサーモンピンクや温かみのある色になります。

青みよりか黄みよりで判断してみて下さい。

手のひらの色赤みが強いならばブルーベースで黄色っぽいならばイエローベースの可能性が高いです。

この3つは簡単に自分で診断ができる方法なので、すべてチェックしてどちらが多く当てはまるかやってみましょう。

ブルベ、イエベの似合う色

ベースカラーに合っているメイクや服の色を選ぶと、肌には透明感が出て、健康的に明るく見えます。

逆に合っていないと、ファンデーションの色が適さないと隠してもシミが浮き出てしまいますし、疲れた印象に見えてしまいます

そこで、それぞれの似合う色とメイクで何色を使えば良いのかをまとめました。

ブルベ

基本的には青みのあるカラーが似合います。

ブルー、パープル、ピンクなど寒色系のカラーが特に良いです。

メイクで使える代表カラーは、ローズピンク・ラベンダー・ブルー・ショッキングピンク・ボルドー・ワインレッド・グレー・ピンクベージュなどです。

ベースメイク:ピンク味のある色を選ぶと良いので、ピンクオークルはおすすめです。

アイメイク:ブラックや青みが強い色(パープル、ボルドー、ブルー、グレー、シルバーなど)は相性が良いですが、オレンジやゴールド系は避けた方が良いでしょう。

チーク・リップ:青みピンクやローズピンク、レッドは良いですが、オレンジは避けましょう。

イエベ

基本的には黄色味のあるカラーが似合います。

イエロー、オレンジ、グリーンなど暖色系のカラーが特によいです。

メイクで使える代表カラーは、コーラルピンク、コーラルレッド、トマトレッド、サーモンピンク、ベージュ、ブラウン、アイボリーなどです。

ベースメイク:オークルやベージュ系がおすすめです。

アイメイク:アイライン、マスカラはブラックよりもブラウンの方が合います。

オレンジやグリーンなどの温かみあるカラーやベージュやゴールドのアイシャドウも良いですね。

ベージュ、ブラウン、オリーブ、オレンジ、グリーン、ゴールドも取り入れると良いです。

チーク:黄みの強いコーラルピンク、サーモンピンク、オレンジ系と相性が良いです。

リップ:チークと同じような色で、黄みの強いピンクやオレンジ、ベージュピンクを使うと良いです。

出典元:https://i-voce.jp

終わりに

ここまでブルベ、イエベの特徴や見分け方、似合う色紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

今までブルベ、イエベという言葉を聞いたことはあったけれど、診断の仕方がわからない人はたくさんいると思います。

似合う色を知って取り入れるだけで、顔色が生き生きしたり若返ってみえるようになります。

メイク以外で、洋服やピアスなどの小物・アクセサリーに取り入れるときはなるべく顔の近くに似合う色をもってくると良いです。

例えば、ボトムスではなくトップスに似合う色をもってくると効果的です。

自分でどうしても見分けられない場合は、その道のプロフェッショナルもいますから診断してもらうのもよいですね。


こちらの記事も読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ