グルテンフリーの効果や期間!肌や髪などの健康やアレルギー体質にいい?


ダイエットにも良いといわれるグルテンフリーの食生活。

小麦アレルギーの方だけでなく、アレルギーの無い方の健康にも良い面がたくさんあるんです。

グルテンって何?グルテンは体にどんな影響を与えているの?グルテンフリーはアレルギー体質の改善に効果があるの?などの疑問点についてや、グルテンフリーはなぜ体に良いのかを「ダイエット」「肌」「髪」、そして「アレルギー体質の改善」などの面から効果や期間などについて説明したいと思います。

グルテンフリーとは?

たくさんのパンが並んだベーカリー、美味しそうなパンについ立ち寄りたくなりますよね。

美味しいパンは幸せな気分をくれますが、食べ過ぎには注意が必要です。特に胃腸に不調を抱えるかたやダイエット中の方は気を付けてください。

それはパンの原材料である小麦粉の中のグルテンが人間の体に思わぬ悪影響をおよぼしている可能性があるからです。


小麦のパン(上)とグルテンフリーのパン(下)

腸への影響

グルテンとは小麦などに含まれるたんぱく質の一種で、水と結びついて「グルテン」となります。

グルテンの特徴は弾力性や粘りがあることで、その特徴を活かしてパンやパスタなどが作られています。グルテンフリーとは、そのグルテンを含んでいないということです。

グルテンの名前の由来はラテン語の「グルー」(接着剤)からきていて、接着剤のように粘り気があるのでグルテンという名前がつけられたといわれています。

日本ではまだあまり知られていませんが、数年前からアメリカなどでこのグルテンが腸に悪い影響を与えるということで問題視されるようになりました。
上記のように接着剤のように粘り気のあるグルテンは、腸の中で腸壁にくっ付きます。

そして今度は腸壁から離れる時に腸の粘膜を一緒に剥がしてしまうのです。このため腸壁に傷がつき炎症などを起こしやすくしてしまいます。

腸は免疫など体全体の健康に大きく関わる臓器なので、腸が不調になると体の様々な部分に影響が出てきます。

その中で有名なのが「セリアック病」というグルテンが引き起こす自己免疫疾患です。
その他、セロトニンなどのホルモン生成もになう腸を傷つけることで情緒不安定になる危険性もあります。

こちらは腸内環境を整える食べ物について詳しく書かれています。
グルテンフリー生活の参考にお読みください。
腸内環境を改善する食べ物は?ヨーグルトやそれ以外のオススメも!

グリアジン

もうひとつのグルテンを摂取することの不安点は「グリアジン」という物質が起こす影響です。

グリアジンはグルテンに含まれている成分で、食欲増進作用があります。
「もっと食べたい」と脳に思わせる働きがあり、ある種の依存性を生み出しています。

ダイエットをしている方にはもちろんグリアジンの持つ強い食欲増進作用は大敵ですが、そうでなくても小麦で作られたパンなどの食品は食後に急激に血糖値が上昇するために太りすぎだけでなく体全体に負担がかかってしまうのです。

急激に血糖値が上がるとすい臓から大量のインスリンが放出されます。
このような事が続くと「高インスリン血症」という病気を引き起こす恐れがあります。

これは食後急激にインスリンが出て血糖値を下げ、その後今度は急激に血糖値が下がります。
そしてその状態を繰り返すことによってインスリンが出ても血糖値は下がらなくなり、やがてすい臓じたいが疲弊してしまう病です。

グルテンフリーの効果と期間はどのくらい?

グルテンフリーの食生活に変えてしばらくすると、太りにくくなったり、肌や髪にも良い影響が出てくるようです。

ただ今までパン、パスタ、うどん、ラーメンなど小麦粉で作られたものが好きで日常的に食べていた方は食生活からすべての小麦粉食品(グルテン)を無くすのは至難の業です。

また小麦は目で見てわかる食品ばかりではなく、調味料の醤油などにも使われているためわかりにくい物もあります。

グルテンフリーに変えていく場合は完璧を求めずに少しずつ食生活からグルテンを減らしてゆくという考え方が長続きするコツかもしれません。

ダイエット

グルテンの無い食品を中心に食べ始めると、パンやクッキーを食べた時のような強烈な食欲にとらわれなくなる事に気が付く方が多いようです。

間食もグルテンフリーの物を選ぶと自然と太りにくい食品が増えていくのがわかると思います。

ただ健康的に極端なカロリー制限をしないダイエットであるならば、グルテンフリー生活に適度な運動をプラスしたダイエットが良いと思います。

自然なかたちで太りにくい体質に変わりはじめるのと並行して運動によって筋肉量を増やして代謝を上げて行けばバランスのとれた健康美が手に入れられるでしょう。

ダイエットの効果が出てくる期間ですが、だいたい1カ月を過ぎたころから体の変化に気が付く方が多いようです。

無理をして急激なカロリー制限や過剰な運動をすると、体を壊しかねません。焦らずゆっくりとグルテンフリーによる体質改善をすることをおすすめします。

グルテンフリーの食事によって内臓が健康をとりもどすと、肌にも良い影響があらわれます。

情緒が安定し、便秘などの腸の不調が改善することによって肌荒れなどが良くなることが期待できます。

肌への効果が実感できる期間は人によって違いますが、だいたい2週間ほどで何らかの変化を感じ始める方が多いようです。

グルテンフリーの食事で内臓が元気になると、全身に栄養が行きわたるようになります。すると頭皮にも良い影響が出て、抜け毛などの髪の悩みが解消することが期待できます。

ダイエット、お肌と同じく、髪への良い変化も2~3週間ほどで感じられる方が多いようです。

グルテンフリーはアレルギー体質にいい?

グルテンフリーアトピー性皮膚炎などのアレルギー体質にいいという説があります。
この中には実は小麦アレルギーの体質だったことに気づかないまま、グルテンフリーに切り替えたところ不調が改善したという場合もあります。

そうではない場合、腸の状態が改善したためにアレルギー症状が緩和されたという可能性があります。

腸内環境が悪くなると体の免疫機能が低下して、自己免疫機能にも支障をきたします。アトピー性皮膚炎などの原因のひとつに腸内環境が影響しているといわれるのはそのためです。

グルテンフリーの食事に変えて腸に負担をかけなくなると、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状が改善する効果が期待されます。

グルテンフリーの始め方、グルテンを含む食材一覧

「さあグルテンフリーの生活を始めよう」そう決めたら、どんな食品にグルテンが含まれているのかを知ることから始めましょう。

市販されている食品の中には一見グルテンとは縁がなさそうなものでも実はグルテンが含まれているという事が少なくありません。

例えば「マヨネーズ」「醤油」「コンソメ」などの調味料や、意外なものではコンビニで売られている「おにぎり」などがあります。そのため、外食や総菜類の多い方は注意が必要になります。

こちらにグルテンを含む食材の例をあげました。ほんの一例ですが、思わぬ食材にグルテンが使われていることがわかると思います。

・大麦若葉などの青汁
・シリアル
・ポテトチップス
・かまぼこ
・ソーセージ
・カレールー
・穀物酢
・ビール
・ドレッシング

など、関係が無いように思える食品にグルテンは含まれていますので、完全なグルテンフリーをめざす場合には必ず原材料表をチェックすることが大切です。

グルテンフリー、まとめ

ここまでグルテンフリーの効果、肌や髪、アレルギー体質などに関することをみてきました。

小麦はある時期に大量生産を目的とした品種改良が行われたという経緯があり、その時期が戦時中であったために安全性に関する実験がおざなりになってしまったという歴史があります。

そして品種改良された小麦が現在出回っている小麦のほとんどだという事を考慮しても、グルテンフリーという食の形は意味のあることなのかもしれません。

体に優しいグルテンフリーの食生活、ゆっくりと始めてみてはいかがでしょうか。 


こちらの記事も読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ