肌荒れが改善する食べ物!果物で効果的なのは?


肌荒れ改善する食べ物として、アボガド、ナッツ、サーモンなどが一流モデルの食事としてテレビなどでも紹介されることもあります。

そんなお肌に良いといわれる食べ物は、できればより効果的に摂りたいですね。

ここでは果物など肌荒れに良い食べ物の摂り方やその中でも乾燥肌に良い食べ物、そして美肌のために控えたい食べ物などについて詳しく説明したいと思います。

関連記事

肌荒れ改善にオススメの食べ物は?

健康的なお肌のために大切なことはいくつかあります。
「質の良い睡眠」「ストレスを溜めないこと」「栄養バランスのとれた食事」その他肌を清潔に保つことなどです。

その中でも毎日の食事は肌のコンディションに大きな影響をあたえています。
ビタミンやミネラル、タンパク質の不足は肌荒れの原因となります。

では、お肌に良いといわれる食べ物とはなんでしょうか。

毎日の食事で肌のために摂ると良い栄養素はビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、鉄分、タンパク質などです。
その他、腸の働きを良くして便秘などをしないようにすることも肌に大切なことのひとつです。

そう考えると、肉類、魚介類、野菜、豆類、海藻類、果物などいろいろな食材を毎日取り入れるのが一番良いということになりますね。

でも、気を付けていても体調や睡眠の乱れなどによって肌が荒れてしまう時というのはあるものです、そんな時に良い食べ物をいくつかあげてみましょう。

はちみつ

はちみつはとても栄養豊富な食品です。

「ビタミンB群、アミノ酸、ビタミンC、カルシウム、鉄分」などぎっしりと栄養がつまっているんです。
はちみつは食べて内側から肌を整えるだけではなく、肌に付けても潤いを与えてくれます。

ナッツ類

ナッツ類には血行を良くするビタミンEや鉄分が多く含まれています。

とくにビタミンEの多いアーモンドはオススメです。サラダにトッピングしたり、おやつに食べたりするといいですね、
ただしナッツ類はカロリーが高いので食べ過ぎには注意が必要です。

サーモン

サーモンの赤い色のもとである「アスタキサンチン」は強い抗酸化作用のある成分で、肌のアンチエイジングにもとても良い食材です。

特に色の赤い「紅鮭」はこのアスタキサンチンが多く含まれています。

アボガド

アボガドにはビタミンB群、ビタミンE、ビタミンCなどが豊富に含まれています。

その他アボガドには「オレイン酸」が多く含まれ肌を乾燥から防ぎます。

サーモンとアボガドはとても相性が良いのでこれらを合わせたレシピで美味しく肌荒れの予防をしましょう。

乾燥肌に良い食べ物はこれ!

紫外線やエアコンなどで肌が乾燥してしまい、カサカサになってしまったとき次の3つの食材で内側からケアしましょう。

アボガド

アボガドは「森のバター」と呼ばれているとても栄養が豊富な食材です。

ビタミンやミネラルを多く含むほかサプリメントとして売られている「コエンザイムQ10」も含まれているんです。
ビタミンB群は代謝を促進する作用があり、コエンザイムQ10は抗酸化作用が大きくアンチエイジング効果も抜群です。

その他アボガドに含まれる脂肪には「オレイン酸」というオリーブオイルなどにも含まれている脂肪酸があり、このオレイン酸は肌を潤す効果があるんです。
アボガドにオリーブオイルという組み合わせも肌にとても良いものです。

こちらは同じオレイン酸を含むオリーブオイルの美肌効果について書かれた記事です、あわせてお読みください。
⇒オリーブオイルの効果、効能は肌や髪など美容にまで!

は良質のたんぱく質であり、特に肌にとって重要な栄養素である「ビオチン」が卵黄に含まれています。

ビオチンというのは「ビタミンH、ビタミンB7」とも呼ばれるもので、皮膚の炎症を抑えたりコラーゲンの生成に関わり、肌のターンオーバーを助ける成分です。

ビオチンはその他落花生、クルミ、牡蠣、いわしなどにも含まれているので、それらも合わせてメニューに加えると良いと思います。

白きくらげ

中医学の薬膳の考え方では「白きくらげ」は「体を潤す」食材として冬の乾燥する季節に食べるのが良いとされています。

実際に白きくらげは体の保湿能力を高める効果の期待される食材で、肌荒れにも良いといわれています。
味に癖が無く、サラダ、スープ、煮物など応用範囲の広い食品なので、毎日の食事に少しずつ取り入れると良いものです。

肌荒れ改善に良い果物と効果的な食べ方

果物はどれもビタミンをたくさん含み肌に良いものがたくさんあります。
その中からお肌のために良いオススメの果物を5つご紹介します。

オススメの果物5選

バナナ

バナナにはビタミンB群、ビタミンC、カロテン、鉄分などが豊富に含まれています。

そしてバナナには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれていることから肌荒れの原因となる便秘の予防にもなると考えられます。

リンゴ

リンゴに含まれるポリフェノールには強い抗酸化作用があり、活性酸素から体を守ります。

活性酸素のダメージから肌を守ってくれます。

パパイヤ

パパイヤはビタミンA、ビタミンCを多く含んでいます。

葉酸も多く含有しているので貧血を予防します。

イチゴ

イチゴは肌に重要なビタミンCが豊富で、ほんの7~8粒でビタミンCの一日の必要量を摂取できます。

抗酸化作用も大きく肌を守ってくれるものです。

スイカ

スイカはリコピンとβカロテンを含み、強力な抗酸化作用があります。

体の水分調節をするカリウムも豊富に含むのでむくみなどにも良いものです。

効果的な食べ方

果物には豊富な酵素が含まれています。

この酵素を効率的に働かせるには食間などお腹が空いている時に食べる事が大切です。
食事の時に食べるなら食後ではなく、前菜として少し果物を食べるのが良いようです。

また、食前に果物を食べると酵素の働きでその後の食事の消化を良くしてくれることにもつながるので一石二鳥ということになります。

美肌のために控えたい食べ物

では次に、お肌のために控えたい食べ物について説明したいと思います。

ただ、まったく食べてはいけないというわけではありません。
あくまでもお肌のためには控えめにしたようが良いと思われる食べ物です。

コーヒー

コーヒーのカフェインは血管を収縮させ、体を冷やす働きがあるといわれています。

利尿作用も大きいので知らないうちに水分不足になっている可能性もあります。
コーヒーは心機能に良いという説やストレス緩和作用もあるという一面もありますので、あくまでも飲みすぎない事が大切です。

アイスなど冷たいもの

アイスクリームやキンキンに冷えた飲み物は体を冷やし、血行を悪くする可能性があります。

真夏の暑い時に適量食べるのは良いのですが、エアコンで冷えた部屋の中で大量に食べたり飲んだりするのはオススメできません。

ファストフード・スナック菓子

どちらも塩分、脂分がとても多く食べ過ぎると肥満や代謝が悪くなる可能性があります。

口当たりはあっさりしていても、実際には多くの脂分が含まれている事が多いので注意が必要です。

肌荒れ改善に良い食べ物、まとめ

ここまで肌荒れ食べ物についてみてきました。

冬の乾燥する季節、紫外線の気になる季節には特に食事に肌に良い食材を取り入れたいですね。
そして、今まで何気なく口にしていた肌にとっては負担になる食べ物についても考えて生活できたらいいですね。

こちらの記事は糖質制限と肌荒れに関して詳しく書かれています。参考にお読みください。
⇒糖質制限で肌荒れ改善!綺麗な肌になるには?


こちらの記事も読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ