ピーリング石鹸のおすすめ!使い方や効果は?


ピーリングは皮膚科クリニックでの施術が一般的ですが、自宅でも簡単にできます。

もちろん、皮膚科クリニックで使用するような薬剤は使えません。

自宅ではピーリング石鹸を使ってピーリングをします。

ピーリング石鹸とは、肌表面にある古い角質を除去し、ターンオーバーを正常化するための石鹸です。

ターンオーバーのサイクルが乱れると、肌にくすみがでたりニキビができるなどの様々なトラブルが起きてしまいます。

ピーリング石鹸により、肌のターンオーバーのリズムを整えることができ、肌のくすみ、ニキビなどを改善することができます。

あくまでもターンオーバーを正常化することを目的としており、正常なサイクルよりも早めることを目的としているのではないので誤解のないようにしましょう。

さっそく、ホームピーリングにおすすめのピーリング石鹸や使い方、効果についてご紹介します。

 

合わせて読みたい⇒皮膚科のピーリングは毛穴に効果があるの?値段やオススメの施術頻度は?

ピーリング石鹸のおすすめ

13743308_647763062056813_1743968120_n

出典元:https://www.instagram.com

おすすめのピーリング石鹸は皮膚科クリニックでも販売しているサンソリットのスキンピールバーです。

スキンピールバーは「毎日、より簡単に手軽におこなえるピーリングはないの?」とのリクエストにより、サンソリットと皮膚科ドクターが、長年のピーリング研究により共同開発したピーリング石鹸です。

サンソリットのスキンピールバーは有効成分AHA(肌に対して刺激の少ない酸=グリコール酸)が絶妙なバランスで配合されており、肌表面に溜まった古い角質を優しく剥がし、肌本来のキレイになろうとする力をサポートするため、圧倒的支持を集めています。

また、毎日の洗顔だけでなくボディにも使用することで、赤ちゃんのようなつるつるとしたくすみのない肌に導いてくれます。

サンソリットのスキンピールバーは肌質やそれぞれの悩みに合わせて4タイプ用意されています。

スキンピールバーAHAマイルド(敏感・乾燥肌用)

グリコール酸0.6%配合のピーリング石鹸。きめ細かな泡で古い角質を洗い流します。毎日のピーリング洗顔で、つるつる美肌へと導きます。

ピーリングビギナーのひとにおすすめです。

成分

TEA、ステアリン酸、水酸化Na、ラウリン酸、水、ミリスチン酸、ココアンホジ酢酸2Na、グリコール酸、グリセリン、エチドロン酸4Na、青404

スキンピールバーAHA(普通肌用)

グリコール酸1.0%配合のピーリングソープ。きめ細かな泡で古い角質を洗い流します。毎日のピーリング洗顔で、つるつる美肌へと導きます。

ピーリングに慣れてきた肌におすすめです。

成分

TEA、ステアリン酸、水酸化Na、ラウリン酸、水、ミリスチン酸、ココアンホジ酢酸2Na、グリコール酸、グリセリン、エチドロン酸4Na、緑204、緑3

スキンピールバーティートゥリー(脂性・ニキビケア用)

グリコール酸2.0%に加え、ニキビをできにくくするティートゥリーオイルが配合されています。古い角質を洗い流し、肌を清潔に保ちます。毎日のピーリング洗顔で、きめ細かな肌へと導きます。

脂性やニキビに悩むひとにおすすめです。

成分

TEA、ステアリン酸、水酸化Na、ラウリン酸、水、ミリスチン酸、グリコール酸、ティーツリー油、ココアンホジ酢酸2Na、グリセリン、パルミチン酸レチノール、エチドロン酸4Na、赤225、赤213

スキンピールバーハイドロキノール(くすみ肌用)

グリコール酸に加え、肌に透明感を与える成分ハイドロキノン配合されています。古い角質を洗い流し、肌に透明感をあたえます。毎日のピーリング洗顔で、透明感のあるみずみずしい素肌へと導きます。

シミやくすみ、ニキビ跡、色素沈着の気になるひとにおすすめです。

成分

TEA、ステアリン酸、水酸化Na、ラウリン酸、ミリスチン酸、水、ウワウルシエキス、アボカドエキス、 ココアンホジ酢酸2Na、グリセリン、炭、グリコール酸、サリチル酸、ハイドロキノン

スキンピールバーミニ4種セット

お試し用に「スキンピールバーミニ4種セット」が販売されていますので、まずは試してみるのもいいでしょう。

※AHA(アルファヒドロキシ酸)
別名「フルーツ酸」と呼ばれ、サトウキビから抽出されるグリコール酸やサワーミルクの乳酸、柑橘類のクエン酸など天然成分を主とした酸で、自然に古い角質を取り除いて肌本来のキレイになろうとする機能をサポートします。サンソリットのAHA配合商品は、東洋人の肌に対して刺激の少ない乳酸とグリコール酸を使用しています。

※ティートゥリーオイル
オーストラリアで古くから使用されてきた精油であり、その作用から生活に欠かせないものとして親しまれています。石鹸に配合することで皮膚の汚れをしっかりと洗浄し、ニキビやザラつきを予防します。

※ハイドロキノン
ブライトニング成分で、透明感のある美しい肌に導きます。

引用・参照URL:サンソリットhttp://www.sunsorit.co.jp/skinpeelbar/

ピーリング石鹸の使い方

ピーリング石鹸をよく泡立てる

よく泡立てることで効果がしっかりでるため、しっかり泡立てましょう。

優しく洗う

顔全体を泡で包むようにして優しく洗います。このとき皮膚の薄い目元と口元は最後に洗うようにし、おでこ、鼻筋、頬、口元、目元の順番に洗います。

すすぐ

33~35度のぬるま湯で、洗浄成分を残さないように時間をかけて丁寧にすすきます。

タオルで優しく水気拭き取る

清潔なタオルで、顔を優しく包むようにしながら水気を拭き取ります。
摩擦により皮膚に刺激をあたえないように注意しましょう。

詳しい洗顔方法や石鹸の泡立て方については洗顔の泡立て方のコツ!手やネット、おすすめの道具もレクチャー!をご参考ください。高いピーリング石鹸を無駄なく使えるアイテムも紹介しています。

また、私はピーリング石鹸を包丁でカットして使っています。使いやすくなるためおすすめです。

ホームピーリング(泡パック)の方法

ピーリング作用を高めるためには、ホームピーリング(泡パック)がおすすめです。

方法はとても簡単です。

ピーリング石鹸をよく泡立て、泡を顔に乗せたまま2~3分おくだけでホームピーリングができます。

よく泡立てることで顔に泡が密着し、効果があがりますので、しっかり泡立てましょう。

また、顔に泡を乗せる前に顔の水気を軽く取ってから乗せることをおすすめします。

ホームピーリング(泡パック)の頻度

ホームピーリングは、週に1~2回行うことでお肌がつるつるになります。

頻度や泡を置く時間は肌状態に応じて調整しましょう。

ピーリングにより皮膚が薄く剥けることもありますが、赤みが出た場合は落ち着くまでピーリングはお休みしましょう。

私は、皮膚科クリニックでケミカルピーリングをうけているため、ピーリングに肌が慣れています。医師に相談したうえで、毎日入浴時にホームピーリング(泡パック)を行っていますが、とても良い効果を感じています。

ピーリング石鹸使用後はしっかり保湿しましょう

ピーリング石鹸使用後は、肌がとてもデリケートな状態となっています。

保湿を充分に行い、紫外線対策もしっかりしましょう。

最後に

ピーリング石鹸は美肌を目指すひとにはとてもおすすめのスキンケア用品です。

しかし、肌タイプによってはピーリング石鹸が合わない場合があります。

赤みや痛みがおさまらない場合は皮膚科に行くようにしましょう。

できれば、ピーリング石鹸を購入する前に、一度ピーリング石鹸の販売をしている皮膚科クリニックで医師に相談することをおすすめします。


こちらの記事も読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ