ナチュラルメイクのやり方、初心者も必見!必要な道具も!


新生活の季節がやってきましたね。
進学、就職で心機一転!おしゃれに可愛くキメるぞ~!!といきたいところだけど…

「初心者だから肝心のメイクのやり方が分からない…」

「校則が厳しいんだけど、ナチュラルメイクってどうすればいいの??」

「お化粧したいけど、道具は何を揃えればいいの~!?」

「オフィスでも浮かないナチュラルメイクって何??」

などなど、いろいろな悩みが出てきていませんか?
でも、かわいくお化粧して新生活を楽しみたいですよね!

今回は、初心者さんでも気軽にドラッグストアで買えちゃうメイク道具簡単にできるナチュラルメイクのやり方を紹介したいと思います!

関連記事

【スポンサードリンク】

メイクを始める前に

ナチュラルメイクといえど、メイクを始める前に絶対欠かせないのがスキンケア。

初心者さんでも挑戦しやすい値段のスキンケアの道具も集めてみました!

このひと手間でノリが変わってきます。

どんなにばっちりきめようとしても、ノリが悪ければ台無しです。

また、メイクをすることでお肌に蓋をして、かなりの負荷をかけてしまうので、しっかり保湿しましょう。

PW

出典元:https://jp.pinterest.com

こちらはきめ細かい泡が特徴のパーフェクトホイップ。
きめの細かさで、毛穴の底から汚れを掻き出してくれます。

rozetto

出典元:https://jp.pinterest.com

こちらはロゼット洗顔パスタ。
お肌のお悩み別に分かれています。かわいいパッケージも魅力的!

この洗顔料をネットなどでよく泡立てて洗います。

すすぐときは、もういいかな?と思ってからさらに10回はすすぐようにしてください。
洗い残しはニキビの元です!

お次に化粧水。

ハトムギ化粧水

出典元:https://jp.pinterest.com

こちらは超人気のハトムギ化粧水。
プチプラなのに大容量で、贅沢にたっぷり使えるのがうれしいですね。

日本酒の化粧水

出典元:https://jp.pinterest.com

こちらもハトムギ化粧水と同じくらい人気の日本酒の化粧水。
ほんのりお酒の香がしますが、お酒は苦手だけど気にならないという声を多く聞きます。

そして最後に乳液を薄く伸ばします。

ニベア

出典元:https://jp.pinterest.com

CMでもおなじみのニベア。
保湿力は抜群です。

日本酒の乳液

出典元:https://jp.pinterest.com

先ほど紹介した日本酒の化粧水は乳液やパックも出しています。

前の日の晩にパックをするのもとても効果的です。

さて、下準備はばっちり!いよいよメイクに移りましょう!

ナチュラルメイクでも必須!ベースメイク

ナチュラルメイク=手抜き、メイクを省くというわけではありません。

ケバく見せないだけで、しっかり作り込む必要があるのでベースメイクは欠かせません。

ナチュラルベースメイクに必要なおすすめ道具は

  • BBクリームorCCクリーム
  • コンシーラー
  • パウダーファンデーション

BBクリームかCCクリームかは好みによります。

素肌感を大事にしたいので、がっつり塗らずに顔の中心から少量づつ広げていきましょう。

必要であれば、コンシーラーでクマなどを消してください。

ファンデーションは色々なタイプがありますが、初心者さんにオススメなのがパウダーファンデーション。
ほとんどが中に鏡がついているコンパクトなので、お直しも手軽です。

毛穴パテ職人

出典元:https://jp.pinterest.com

毛穴パテ職人。
1品6役という万能BBクリーム。

毛穴をパテし、綺麗に見せてくれます。
初心者さんでも挑戦しやすいお値段。

マシュマロフィニッシュパウダー

出典元:https://jp.pinterest.com

CANMAKE マシュマロフィニッシュパウダー。
口コミで爆発的人気を誇るこちらのパウダーファンデーション。

簡単なのに、本当にマシュマロのようなふわさら肌に仕上がります。

【スポンサードリンク】

初心者さんでも簡単!アイメイク

人の顔を見たときに最初に見るのは「目」という人が実に8割近く。

ということは、アイメイクはかなり大切になります。

ですが今回はがっつりメイクではなく、しっかり作っているのにケバく見えないアイメイクのやり方をご紹介します。

揃えたい道具は

  • アイブロウ(あれば眉マスカラも)
  • アイライナー
  • アイシャドウ
  • ビューラー
  • マスカラ

こちらが眉の黄金比。

眉

出典元:https://jp.pinterest.com

下げすぎず上げすぎず、ゆるやかなカーブにするのがコツ。
眉頭がハッキリしてしまうと不自然なので、しっかりぼかすようにしてください。

パウダーアイブロウで描くと簡単にぼかせますよ。

髪より少し明るめを選ぶのがナチュラルなのに垢抜けるポイント。

眉マスカラで色を変えると、より自然な眉になります。

アイシャドウはキラキラしすぎていないもので、肌馴染みの良いブラウン系を選ぶといいでしょう。

パーフェクトスタイリストアイズ

出典元:https://jp.pinterest.com

CANMAKE
5色が1パレットに纏まったもの。

控えめなパールとラメが華やかです。
ナチュラルメイクにもしっかりメイクにも使える優秀な一品。

最初は、アイホールに一番明るい色を塗ります。

次に二重の幅に少し濃いブラウンを。

少し物足りないな、と感じる方は目のキワに細く一番濃いブラウンを入れてください。

簡単にグラデーションが仕上がります。

色の境目は全てぼかしてくださいね。

アイシャドウ

出典元:https://jp.pinterest.com

注意したいのが、塗りすぎないこと。
指でサッサッと馴染ませるくらいが理想です。

多くても二回重ね程度に抑えておきましょう。

涙袋にもアイシャドウを。

ニコッと微笑むと下まぶたが盛り上がりますよね。
その部分に1番明るい色を塗るととても目がうるっとして可愛らしい印象になります。

涙袋

出典元:https://jp.pinterest.com

がっつり塗りすぎるとギャルっぽくなってしまうので注意が必要です。
また、涙袋はパールの入ったピンクなどもおすすめです。

白やシルバーはケバくなりすぎてしまうので注意してください。

アイラインはペンシルライナー、リキッドライナー、ジェルライナーなど色々ありますが、初心者さんへはリキッドライナーがオススメです。

ナチュラルメイクにはブラックよりブラウンの方がいいでしょう。

黒目の外側から目尻に向かって書きます。
あまり太く書くとケバくなるので今回はあまりおすすめできません。

目尻は2〜3mm伸ばすとデカ目効果があります。

自然に伸ばすだけで、跳ねあげないでくださいね。

アイライン

出典元:https://jp.pinterest.com

そしてビューラーでまつ毛を根本→中間→毛先の順で上げて、マスカラを塗ります。

根本で2〜3回ジグザグさせて、毛先に向かってスッと抜くようにするとカールが長持ちしますよ。

ボリュームタイプよりはロングタイプの方がナチュラルに仕上がります。

ナチュラルメイクにも欠かせない!ふんわりチーク

チークはナチュラルメイクをするにしても大事なワンポイント。

ベースメイクだけだと、のっぺりぼんやり、顔色も悪く見えてしまいます。
でも、目立たせすぎてはいけません。

ほんのり乗せるのを意識して下さい。

初心者さんにおすすめな道具がパウダーチーク。

グロウフルール

出典元:https://jp.pinterest.com

CANMAKE グロウフルールチークス

こちらのシリーズは1番薄いぼかし色がついていて馴染ませやすいのでとてもおすすめです。
幅広い色展開で、きっとお気に入りの一色が見つかると思います。

ここで、チークの色の印象を紹介します。

赤…ちょっぴり色気があり、大人っぽい印象です。

ピンク…女の子っぽく、可愛らしい印象です。

オレンジ…健康的で元気な印象です。

ナチュラルメイクにはパウダーチークがおすすめです。

筆で色を取って、一旦ティッシュや手の甲でオフしてから頬に乗せましょう。

こちらが顔の形別チークの入れ方です。

チーク

出典元:https://jp.pinterest.com

リップもナチュラルに!

リップの色も、強すぎない方が自然です。

だからと言って何もしないと顔色が悪く見えてしまいますので、程よく塗りましょう。

ナチュラルメイクには、口紅よりも色付きリップや濃すぎない色のグロスがおすすめです。

KATE CC

出典元:https://jp.pinterest.com

KATE CCリップクリーム。

口紅ほど重たくなく、初心者さんも取り入れやすい一品。

薄めの色付きでナチュラルメイクにはぴったりです。

ユアリップ

出典元:https://jp.pinterest.com

CANMAKE ユアリップオンリーグロス

ほんの少しラメの入った透明なグロスを塗ると、唇の水分量に反応して変色します。
自分だけのオリジナルなピンクが出来上がります。

ティッシュで軽くオフするとより自然な仕上がりになります。

これであなたもナチュラルメイクマスター!

どうでしたか?

初心者さんでも簡単なナチュラルメイクのやり方、揃えやすいおすすめ道具などを紹介してきました。

意外と手順や道具が多いな、と感じられた方も多いかと思います。

ナチュラルメイクは、メイクをしない・手間を省くものではなく、しっかり作りながらもいかに馴染み良く見せるかというのがポイントになってきます。

このナチュラルメイクのやり方を覚えておくとしっかりメイクにも必ず役立つと思いますので、初心者さんもぜひトライしてみてください。

ナチュラルメイクをマスターしピンクメイクや、ちょっと上級の艶肌メイクに挑戦してみるのもおすすめです。

新しい季節、みんなでカワイイを手に入れちゃいましょう!

【 スポンサードリンク 】

こちらの記事も読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ