歯周ポケットは改善できる?ブラッシングや自宅での予防法!


こないだふと歯磨きしていたら気づいたんです。

あれ?私の歯茎ってこんな色だった??

歯茎の黒ずみ?え、これ歯周病?

どうすればいいの~~~~!?!?

慌てて調べてみたらこの状況を回避するのに大事なのは歯周ポケットの改善みたいです!

正しいブラッシングのやり方や自宅での予防法について調べてみました!

【スポンサードリンク】

歯周ポケットって?

歯周ポケット・・・テレビでよく聞くけど結局なんなんだろうと思っていました。

歯茎なんだろうけど、歯茎なら歯茎っていうだろうし・・・

歯周ポケットは結局歯茎と歯のすき間のことみたいですね!

若いころは歯茎もキュツと引き締まっていてピンクだった歯茎が、年とともにちょっとゆるんできたり色も黒ずんできたりしていませんか?

そうなると歯茎と歯の間にもすき間が出来て、そこに食べかすの汚れが溜まりそれが歯垢となり歯周病菌が潜伏してしまうみたいですね!
そのすき間が歯周ポケットと呼ばれるそうです。

歯周ポケットが深くなればなるほど危険で歯肉炎となり、やがては歯周病に・・・

歯周ポケットのケアが自分の口内を健康に保つポイントなんです。

歯周ポケットが汚れていたらどうなるの?

歯周ポケットは食べ物のカスの汚れで歯垢ができ、多かれ少なかれ常に菌が増殖している状態となっています。

その中でも一番怖いのは歯周病菌です。

ケアせずに放置すると歯周病になって歯を失うことになってしまいます。

歯茎が炎症を起こし始めたらそれは危険なサイン!歯周ポケットが悲鳴をあげている状態です。

あなたはこんな症状が出ていませんか?

  • 歯茎の色が赤黒い
  • <li歯茎が腫れてきている

  • 歯茎が下がってきて前より歯が見えている
  • 歯磨きの際に出血する
  • 歯の根元が腫れて押すと膿が出てきた
  • 歯がグラグラする
  • 口臭が気になる
  • 朝起きた時、口の中がネバネバしている

ひとつでも当てはまる人は今すぐケアが必要な状態です。

歯周ポケットのケアをしてみよう!

やばいなっと思ってもなかなか歯医者さんにいけない人もいるかもしれません。

まずはおうちで出来るケアをやってみましょう。

まずは歯磨き!正しいやり方を徹底する

毎日行う歯磨きですが、正しいやり方で歯磨きできていなければ効果は半減

正しい歯磨き方法をおさらいしましょう。

歯ブラシは軽く持つ!力いっぱい押し付けない!

歯ブラシは鉛筆を持つように柔らかく持ちます。ブラッシングを行う際も歯の表面にブラシが当たるのを意識して優しく磨きましょう。角度は斜め45度がベストです!

磨く場所は食べかすの残りやすいところを!

歯の表面だけを磨くのではなく、歯と歯の間や、噛み合わせの溝部分、歯と歯茎の間の食べかすが残りやすい部分を磨くように意識する方がいいです。丁寧に磨いていきましょう。

ブラシの向きは歯に合わせて!

常に横向きでブラシを動かすのではなく、それぞれの歯に合わせてブラシを縦に動かすようにしてみましょう。

歯ブラシ選びも重要

何気なく使っている歯ブラシですが、本当にたくさんの種類の歯ブラシが売られています。

歯茎が炎症を起こしている場合は、なるべくブラシが柔らかめの歯ブラシを使うのがおすすめです。

柔らかいからといって力いっぱい磨くのはだめなので気を付けてくださいね♪

歯のすき間や奥の方まできっちり磨くことを考えると先端は小さめのほうが磨き残しも少ないかもしれませんね。

なるべく短時間で済ませたい!という人や、一気に磨ける量を多くしたい!という人は歯ブラシの毛の列が多いものを使うといいかもしれません。

ちなみに歯ブラシは一か月を目安に交換することをおすすめします。

一か月たってなくても歯ブラシを後ろから見て毛のほうがはみ出ている場合は要交換ですよ!

歯磨き粉は何を使えばいい?

歯磨き粉も最近は歯周ポケットのケアがメインのものが発売されています。

フッ素入りのものは歯の表面を強化し虫歯を防いでくれますし、歯肉の炎症や出血をおさえてくれるものも販売されています。

天然の抗生物質入りや、天然ハーブでできているものもあり、多種多様です。

自分に合ったものを選んでみましょう。

歯磨き粉もあまり出しすぎず歯ブラシの3分の1程度にしましょう。

たくさん出せば出すほど効果があるわけではないので要注意ですよ♪

サブ用品も上手く使っていく

歯磨きの補助用品としてたくさんのものが売られているのでそれを上手く使っていくのもひとつの手です。

デンタルフロス

歯と歯の間の汚れを落とすことができます。
糸のような形状なので歯ブラシの歯が入ることのできないスペースに溜まっている汚れを掻き出してくれます。

ワンタフトブラシ

歯周ポケットのケアにとても効果があります。
歯のカーブに沿って歯と歯茎の境目を磨くだけで歯周ポケットのケアができます。
また、先端がとても細いので歯が重なっていたり歯並びが悪いところも磨くことができます。
歯の矯正を行っている人も使いやすいのも利点です。

洗口剤

マウスウォッシュとも呼ばれます。
殺菌効果があるものをブラッシングと併用するようにしましょう。
歯周ポケットに効果があるものを選んで使用するのがおすすめです。

歯磨きジェル

歯茎に栄養を与える成分が含まれているものや、殺菌成分が含まれているものもあります。
歯周ポケットに届きやすいという利点があります。

【スポンサードリンク】

生活習慣を変えることも必要

歯周ポケットのケアには生活習慣を変えることも必要です。
あなたは当てはまる生活習慣はありませんか?

バランスが偏った食生活を送っている

カロリーが高めの物、脂肪分たっぷり、塩分たっぷり、あま~いもの、どれもおいしいものが多いですが、バランスの取れた健康的な食事を送ることが口内を健康に保つ秘訣でもありますよ。

なるべくバランスのいい食事をとるように心がけましょう。

睡眠不足が続き疲れ気味

睡眠は健康にとって何よりも大事です。
睡眠不足が続けば体の免疫力は落ち、疲れやすくなります。
免疫力が落ちると口内の細菌は活発になってしまうので睡眠はしっかりとりましょう。

たばこを吸っている

たばこを吸っている人は歯周病のリスクが吸わない人よりも高いといわれています。
吸っている限り口内環境を整えることはできません。
つらいですが禁煙をおすすめします。

運動不足も危険

運動を普段から全くしていないと体の抵抗力が弱まってしまいます。
適度な運動はストレス発散にもなります。体をなるべく動かすようにしましょう。

お酒の飲みすぎ

お酒は糖類を含んでいるものも多いので、口内環境が荒れてしまう原因のひとつです。
酔っぱらっちゃうとそのまま寝ちゃう・・・なんて人も多いのではないのでしょうか。
お酒を呑んでもいいけど、しっかり口内ケアしてから寝てくださいね♪

歯周ポケット改善のためにおうちでできることをおさらい!

たくさんご紹介しましたが以下がポイントです。

  • 正しい歯磨きをする!
  • 歯ブラシは柔らかめのがおススメ!
  • 歯磨き粉は歯周ポケットケアの物を使う!
  • 必要に応じて補助用品も使う!
  • 生活習慣を整える!


歯は一生の付き合いですから大事にしたいですよね。

なるべく長く、出来ればおばあちゃんになるまで自分の歯で食事したい!

私も毎日歯磨きを丁寧にするように心がけたところ、歯茎が徐々にピンク色に戻ってきましたよ♪

もちろん歯医者さんで定期的に検診を受けたり歯石取りも有効だと思いますが、一番大事なのはおうちでの毎日のケアだと思います。

自分に合ったケアを見つけて歯周ポケットを健康に保っていきましょう♪

【 スポンサードリンク 】

こちらの記事も読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ