酒粕パックはしみや毛穴に効果が!?かぶれる時は?


貴方のお肌で気になっていることは何ですか?
シミや黒ずみ、ニキビ、角栓、毛穴の開きなど、いろいろあると思います。

化粧品はたくさんありすぎて「どれを選べば良いのかかさっぱり分からない」という方も多いのではないでしょうか。

今回ご紹介するのは、シミ毛穴の黒ずみなどのお肌の悩みに効果的な「酒粕パック」についてです。

そして酒粕パックをすることで、貴方のお肌に透明感が現われ、シミや毛穴の黒ずみを隠そうと、お化粧を厚塗りしなくても良くなりますよ。

ところで「酒粕を使ってかぶれる事はないの?」と心配になる方も多いと思います。

もちろん、かぶれる事がないようにする為にはどうしたらいいのか、という点もしっかり押さえてご紹介していこうと思います。

酒粕パックに使う「酒粕」の栄養成分

酒粕って何?

酒粕は、日本酒を製造する際に出る固形物の事です。

日本酒は、お米を蒸した後に米麹と共に仕込み、発酵させて「もろみ」を作ります。
このもろみを圧搾した際、液体と固体に分けられますが、液体の方は私たちが酒席で飲む日本酒になり、固体の方が酒粕になります。

この酒粕には、栄養成分が豊富に含まれており、粕汁や甘酒、魚の粕漬などのレシピにも使われます。

酒粕にはどんな栄養成分が含まれているの?

酒粕はお米と米麹を原料にしているため、栄養素が豊富に含まれています。

たんぱく質や炭水化物を始め、ビタミンやペプチド、β(ベータ)‐グルカン、葉酸など多くの栄養素が含まれているのです。

麹菌

麹菌は、日本酒以外にも味噌や醤油に製造に欠かせない微生物の一種です。

麹菌は分解する作用が強く、たんぱく質やでんぷんを分解して、私たちが消化吸収しやすい形へと変えてくれます。
またビタミンB1を始め、ビタミンB2やナイアシン、ビオチンなど、お肌の代謝に関わるビタミン類を生成します。

酵母菌

酵母は、糖質を分解してアルコールや有機物を発生させ、発酵を行う微生物の一種です。

発酵とは、私たち人間にとって有益な作用をもたらす現象の事で、対になるのが腐敗です。
酵母は保水性に優れていることから、乾燥肌にぴったりです。

他にも糖質の吸収を阻害したり、免疫力を高める効果が期待されています。

葉酸

葉酸は細胞を生成する時に必要な成分で、透明感のある肌健康的な髪を作るのに必要な栄養素です。

葉酸は脳卒中や心筋梗塞などを予防する成分として注目を集めていますが、酒粕パックとして利用する際、特筆すべきなのは「美白効果」です。

酒粕パックはシミや毛穴のトラブルに効果的

酒粕に含まれている美白成分には「アルブチン」「コウジ酸」「フェルラ酸」の3つを上げることが出来ます。

「アルブチン」

アルブチンはその高い美白効果が注目され、多く化粧品に配合されている成分です。

シミの元となる酵素チロシナーゼの生成を阻害し、メラニンが黒色化するのを抑える働きがあります。

ただし、アルブチンの働きは、シミが出来るのを防ぐものなので、既に出来てしまったシミに対して「消す」という効果は期待できません

ところが、既にあるシミは消せないものの、これ以上濃くならないようにすることは出来るのです。

またアルブチンは、「ハイドロキノン」と呼ばれる美白効果のある成分と、「ぶどう糖」が結合し、分子的に安定した成分です。
刺激の強いハイドロキノンに比べて肌に優しく、妊婦さんにも使えるのが特徴的です。

「コウジ酸」

コウジ酸は、アルブチンと同じく、メラニンの黒色化を防ぐ働きがあります。

メラニンは私たちの肌の色や髪の色に欠かせない成分ですが、新陳代謝によって、古い角質層と共に剥がれ落ちていきます。

ところがターンオーバーが乱れたり、紫外線によるダメージの蓄積により肌に残留し、後にシミとなるのです。

しかしコウジ酸によってメラニンの黒色化が阻害されているおかげで、紫外線を浴びてもシミが出来にくい肌へ育ててくれます。

また、コウジ酸は肌の「黄ぐすみ」にも効果を発揮します。
黄ぐすみは肌の透明感を無くし、乾燥やごわつきを招きます

なのでコウジ酸をうまく活用することで、それらを抑え、さらに美白効果が期待出来るのです。

「フェルラ酸」

フェルラ酸は主に、イネ科植物の細胞壁を構成する成分で、食品添加物として使用されています。

酸化防止剤」と表記され、バナナの黒化防止や、抹茶の退色防止にも効果を発揮します。

このように、色素の保持に効果を発揮するだけでなく、美白効果も期待されております。

酒粕パックによる毛穴トラブルの改善

毛穴の黒ずみが目立つと、ついついお化粧が濃くなりがちですし、自分の肌に自信を持てないことがストレスになってしまいますよね。

ところで、毛穴の黒ずみは何が原因か、ご存知ですか?

黒ずみは、毛穴の皮脂が酸化したり、お化粧や汚れが詰まって排出できなくなるのが原因です。他にもターンオーバーの乱れによって、古い角質層がはがれにくくなるのも原因のひとつと言われております。

しかし酒粕パックをすることにより、毛穴の黒ずみを改善することが出来るのです。

酒粕には皮膚の表面温度を上げる作用があるため、毛穴に詰まった皮脂やお化粧を排出しやすくするだけでなく、先ほど述べた美白効果により透明感のあるお肌へと導きます。

という事は、毛穴の黒ずみにも効果が期待できるだけでなく、お化粧も薄塗りで済ますことが出来るので、肌への負担が軽くなるという効果が期待できますね。

毛穴の開きや黒ずみの原因や解消法についてもまとめおります。

詳しくは鼻の毛穴の開き、黒ずみが取れない方!解消法を教えます!をご参照下さい。

酒粕パックの注意点

(1) 酒粕を買うときは、なるべく未加工の物を

市販されている酒粕には、醸造アルコールや増粘剤などが含まれている商品もあります。
酒粕パックとして使用する際は、このような材料が入っていない商品を選びましょう。

(2) 酒粕パックを行う際はパッチテストを行う

酒粕は栄養素が多く含まれており、是非ともその成分を利用したい所ですが、貴方の皮膚には合わない場合も考えられます。

なので、酒粕パックをする前に、パッチテストを行うようにしましょう。
これを行うことで、顔がかぶれる事を防ぐことが出来るのです。

腕の内側や手の甲など、皮膚が薄い所に塗布し、ヒリヒリしたり赤みが酷いなど、肌に異常が現れるようであれば、酒粕パックの使用を控えてください。

(3) 酒粕パックの使用は夜に

酒粕パックを行った後の肌が強い日差しを浴びると、ダメージを受けやすいため、夜の使用が好ましいと言えます。
朝の酒粕パックは控えましょう。

(4) 保存する期間と場所

作り置きした酒粕パックは1週間以内に使い切ってください。
また冷蔵庫にて保存してくださいね。

試してみたいけど肌荒れが心配という方もいることと思います。

肌荒れの原因などについては肌荒れ…肌の赤み、かゆみ、ぶつぶつの原因と早く治す方法をご参照下さい。

酒粕パックの作り方

・酒粕 100g
・精製水 ~150㎖
・ビニール袋 もしくは ジップロック

酒粕を細かくちぎり、ジップロックに入れたら、精製水を少しずつ加え、指や麺棒などで潰す様に混ぜ合わせます。
お好みの硬さになるまで精製水を加えてください。

混ぜにくい時は電子レンジで温めたり、すり鉢を使うのがオススメです。

酒粕パックのやり方

酒粕パックは洗顔後の清潔な肌で行いましょう。

① 適量の酒粕パックを取り出します。
② 顔に塗り、10分ほど待ちます。
 この時、皮膚に異常を感じたらすぐに洗い流してください。
③ ティッシュやコットンを使って、パックを優しく拭い取り、ぬるま湯で洗い流します。
④ 化粧水やクリームで保湿します。

最後に

いかがでしたか?

酒粕パック」は、かぶれないように気を付ければ、手軽に作ることが出来る上、美容成分がたっぷり含まれていることが分かりました。

年中降り注ぐ紫外線対策として、日々のスキンケアに酒粕パックを取り入れてみてはいかがでしょうか。


こちらの記事も読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ