スクラブ洗顔の使い方や頻度は?顔以外の全身には?


季節の変わり目などでお肌の調子が少し良くない。。なんてことありませんか?

最近、化粧ノリが悪い、吹き出物が急にできた。。

そんな時は、スクラブを使ってモチモチのお肌を手に入れましょう!
ということで今回は、スクラブについて紹介します。

スクラブとは?

そもそも、スクラブとは何でしょうか。
それは、研磨剤を使用した洗顔料や洗浄剤角質除去剤のことです。

最近ではボディースクラブの専門店や、ドラッグストアで多く取り扱われています。

古くなった肌の角質を取り除き、ターンオーバーの手助けをし、それにより肌をなめらかにする効果が期待できます。

スクラブ洗顔の使い方と頻度

スクラブ洗顔の使い方

朝の洗顔は洗顔後のケアが十分に出来ず、過度な洗顔は避けた方がよいので、夜にゆっくり湯船に浸かった後がオススメです。

スクラブ洗顔は毛穴が開いてる時に最も効果が見られます。

1、顔をぬるま湯で濡らす。
2、洗顔用のスクラブをさくらんぼ大ほどの量をだし、手に馴染ませる。
3、中指の腹でクルクルと優しく顔全体をマッサージする。
4、ぬるま湯でしっかりとゆすぐ。
5、化粧水→乳液→クリームの順に保湿をする。

スクラブ洗顔が手元にない、自分の肌に合うものが見つけられない、という場合は普段使っている洗顔料に食用の上白糖をスプーン一杯ほど混ぜて使うのがオススメです。

わたしもスクラブ洗顔をする時は、キッチンから砂糖を持ってきて、洗顔料に加えて使用しています。
特に季節の変わり目や生理中、前後などはお肌が敏感になっているため、この方法の方が刺激が少なく効果も実感できます。

効果的な頻度

毎日スクラブ洗顔をしたらすぐにモチモチのお肌に!というわけではありません。

スクラブは研磨剤が入っているため、使いすぎはかえって肌を傷めてしまいます。
肌のごわつきなど不調が特に気になる時は3日に1回、日常的なケアとしては週に1回にとどめましょう。

平日は仕事や家事に追われて肌のケアは時短が命。という時には、週末は少しゆっくりとお風呂に入りスクラブでお肌をいたわってあげましょう。

ソルトスクラブとシュガースクラブ

「スクラブ」とひとくくりにいっても、その種類は様々です。
ソルトスクラブにシュガースクラブ、コーヒーやナッツがベースのものもあれば、中にシアバターが含まれているものもあります。

今回は中でも代表的なソルトスクラブとシュガースクラブについてお話しします。

ソルトスクラブは名前の通り、塩をつかったスクラブです。
塩は主に、塩化ナトリウムとマグネシウムから成っています。

これにより肌のバリア機能を高める効果があります。
また、発汗作用があることから、お肌の引き締め効果が期待できます。

塩は水に溶けにくいので、肌への負担が強いともいえるでしょう。

シュガースクラブは、砂糖をつかったスクラブです。
砂糖は原来、傷を治すための薬として中国から日本へ持ち込まれたものと言われています。

そのため、皮膚のバリア機能を強化し、ターンオーバーを促進してくれます。
ニキビ予防にも最適です。
また、水に溶けやすいため、肌への負担も少なく、高い吸水力と保湿力を肌に与えてくれます。

シュガースクラブを顔にした後は、化粧水がぐんぐん肌に吸水され、ハリのあるもっちりとした肌になります。
日焼け後の乾燥した肌にもオススメのケアです。

身体にはソルトスクラブを使い、マッサージをしながら引き締め効果を高めましょう!

全身スクラブで赤ちゃんのような肌に

スクラブは、洗顔としてはもちろん、全身に使用することができます。

ヒザの黒ずみ、かかとのカサつき、気になっていませんか?
身体には、引き締め効果があるソルトスクラブがおすすめです。

ボディスクラブの使い方

使い方はスクラブ洗顔とほぼ同じです。
1、身体をボディーソープで洗う。
2、ボディスクラブを手に取り、身体全体をまんべんなくマッサージする。
3、強く力を入れすぎないように気をつけながら、10分ほどマッサージをしてから洗い流す。
4、濡れた肌の上から、好みの保湿オイルをつける。
5、タオルで身体を拭いてから、保湿クリームをつける。

〜ポイント〜

•普段使っているボディーソープの後に使うこと。
濡れた肌にオイルをつけてから、最後にクリームを使うこと。

スクラブで角質を除去しなめらかになった後の肌に、たっぷりと保湿することで赤ちゃんのようなモチモチの肌になります。

ボディースクラブも、スクラブ洗顔と同様に3日に1回、または週に1回のスペシャルケアとして使用することが好ましいです。

ひざやかかとの頑固な黒ずみやカサつきがある場合には、その部分だけ毎日行うと改善が早いです。
2週間続ければ、驚くほど肌質が変わります。

スクラブDIYで自分だけのオリジナルスクラブを作ろう

市販品でも様々な種類のスクラブがありますが、スクラブは自宅で簡単に作ることができます。
自分好みのスクラブを作ってみませんか?

スクラブの作り方

1、研磨剤を選ぶ。
卓上塩、シーソルト、ヒマラヤソルト、死海塩、上白糖、ブラウンシュガーなどの中から好きなものを選びます。

または、グラウンドコーヒー、オートミールやグラウンドナッツでも代用できます。

2、オイルを選ぶ。
塩などの材料を統一感する以外に、肌に潤いを与える役割もあります。
顔用の化粧オイルか、食用のオイルでも大丈夫です。
つけ心地の軽いものを選ぶと洗い流すやすく、扱いやすいです。

・グレープシードオイル、ジョジョバオイル
↪︎つけ心地が軽い、香り豊か

・植物性油(ひまわり油など)、オリーブオイル、キャノーラ油
↪︎つけ心地がミディアム、少量の香り

・ココナッツオイル
↪︎つけ心地がミディアム、強い香り

・ピーナッツオイル、ウォールナッツオイル、ヘーゼルナッツオイル
↪︎つけ心地がミディアム、香ばしいナッツ香り

3、フレグランスを加える。
スクラブに必要なのは、ソルトスクラブでは例えば塩とオイルだけで十分ですが、お好みでエッセンシャルオイルなどのフレグランスを加えても良いです。
季節によって香りを変えて楽しむこともできます。

・シトラスオイル(レモン、オレンジ、グレープフルーツ)
↪︎フレッシュな香り、夏にぴったりの香り

・フラワーオイル(イランイラン、ローズ、ジェラニウム)
↪︎甘く、豊かな香り。春にぴったりの香り。女性ら しさを感じたいときに。

・ペパーミント、シナモン
↪︎クリスマスなどの冬に。

・ラベンダー、バニラ、カモミール
↪︎リラックスしたいときに。

4、グラスなどのジャーに、塩や砂糖、オイルを入れ、最後にエッセンシャルオイルを加えて混ぜます。

保存期間は、ソルトスクラブは1ヶ月、シュガースクラブは2週間ほどです。
割合としては、塩:オイルで2:1に、3、4滴のエッセンシャルオイルがいいでしょう。

少量ずつ作って、様々な種類のオイルや香りを楽しんでみてください。

最後に

いかがでしたか?
スクラブには、洗顔用はボディー用、唇用に、塩や砂糖から作られた色々な種類のものがありますね。

ドラッグストアや専門店で手軽に買えますが、自分のオリジナルを作って使うのも1つの楽しみになります。

わたしは数年前からスクラブを使い始めましたが、使っていなかった頃と比べると肌がとても柔らかくなめらかになりました。

自分好みの香りを楽しみながら、スクラブでスベスベのお肌を手に入れてください。


こちらの記事も読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ