秋の肌荒れの原因や乾燥対策!改善するには?


秋深まり乾燥が激しくなる冬が訪れてきます。

こんな時期、ケアを大切にしなければ肌はガサガサしシミやしわが多く発生する可能性があります。

ひどくなれば秋に起こる肌荒れやニキビまでもが発症してしまうと言います。

私も毎年秋の肌荒れに悩まされていましたが、原因や対策を知り適切なケアをする事によって改善することが出来ました。

昔の私のように秋の肌荒れに悩んでいる女性はとても多いと思いますので、

秋の肌荒れはなぜ起こってしまうのか?

秋の肌荒れの原因や乾燥対策、そして改善するにはどんなケアをすれば良いのかをお伝え出来ればと思いまとめました。

関連記事

【スポンサードリンク】

秋!肌は疲れています!

秋に肌荒れが起きる3つの原因! 知っていますか?

  • 夏に浴びた紫外線
  • 乾燥
  • 花粉症

などと言われています。

体の調子と同じで肌も秋には不調となりますね。

秋の肌は、夏の紫外線などで痛目付けられて、気温の変化で肌の代謝機能が低下し空気の乾燥などで肌の潤いまでも失う事になります。

あれだけ、日焼け止めを塗ってケアしたのにと思ってもきちんとしたケア方法を知らずにしているから肌荒れを起こしニキビなどの症状が発症するといいます。

鏡をみて、あれ! まさか!! やだ~! どうすれば、いいの?困る前にやらなければいけませんよね。

案外、春と秋はスキンケアがおろそかにしていませんか? だからというわけではありませんが通常の肌荒れとは異なる原因が多くなっています。

夏に受けた紫外線のダメージは、肌の表面だけでなく内部に蓄積し時間の経過とともに肌表面に現れてくるといいます。

肌の内側の傷つけられた肌がターンオーバーし押し上げられた肌の表面が出てくると肌荒れを起こすと言います。

秋の肌荒れの乾燥対策

秋と言う時期は、肌にとって夏場の紫外線が肌へのダメージを改善させる次期であり冬の乾燥時期の準備期間であります。
秋の肌は疲れている肌ですから秋のスキンケアと題して肌の保水機能やバリア機能を正常に戻すことが重要と言えます。

秋の肌荒れは、肌はバリア機能の低下からデリケートの状態になるといいます。外部からの刺激にも過剰に反応して秋は、空気の乾燥が刺激となり、肌にたいしての乾燥を促進させるといいます。

肌表面を守る皮脂の分泌や汗の量も減少しガサガサ肌や乾燥肌になりがちです。

肌を洗顔やクレンジングで清潔に保ち、化粧水でしっかりと肌に水分を与え、乳液や美容液で肌の水分が放出されないように油分の膜で蓋をしてあげます。

軽く肌をマッサージすると血行がよくなりターンオーバーが正常化する効果があります。同じくして食事やサプリなどで体のケアする事も大切です。

アレルギーは!ありますか?

実は、秋の肌荒れとアレルギーは密接な関係があります!

秋も花粉症のが流行する季節です。花粉などアレルギーが多い時期と言われています。

秋の花粉症は、ブタクサ、よもぎ、カナムグラと言われています。
河原や公園。近所の空き地などにもこれらの草花は、日常的にどこかに咲いてます。

毎年時期的に発症することは、通年病であり治療をされることが望まれます。
アレルギーによる肌荒れなどと決めつけることはできません。

上記でもお話しいたしましたが色々な観点から肌荒れが起きると言われています。

秋の肌荒れで起こる肌トラブルにはニキビがあります。

ニキビと言うとどんなイメージがありますか?

ニキビは、皮脂が分泌し分泌が過剰になる事がありますが、秋の空気が乾燥し肌荒れとニキビが関係が無いように思えますが秋に出来るニキビは肌のターンオーバーの機能が低下し肌荒れなどが起こると言います。

冬が訪れると乾燥が激しくなりますね。毛穴が詰まる事が原因とされています。

改善するには、どうすれば

肌のトラブルは、それなりに理由があります。洗顔や化粧品だけでなく日常生活からも起こりうる事があります。
そのひとつとして食事です!

朝食は、食べられますか?
最近、時間がないと朝食も取らずに活動したら肌にはとても負担がかかるものです。

朝食は、今日一日を活動するための栄養です。栄養が足りなくても体は動くかもしれませんが、動きずらくありませんか。
朝食は栄養だけではありません。腸に溜まった便を出す効果もあります。

便秘症の方や便秘症ではないと言う方でも腸に溜まった便は、有害物質を作りだし腸壁から各血管に入り込み肌へと有害物質は浸入していきます。肌からの臭いや肌の炎症などが出ると言います。

【スポンサードリンク】

朝から何を食べようか?

よく、美容サイトで朝からアレだめ!これダメと!と言われるが、3食必ず食べる事で美肌、ダイエットなど美容や健康にも効果はあるといわれています。

じゃう!何を食べればいいの!?

健康的な美肌になるには、肌の材料になる栄養素をしっかり摂取することです。

肌のメイン材料はタンパク質です。

1日3食、肉や魚、卵、大豆製品をおかずとして1品つけて食べるようにして下さい。

最近のブームで、朝からラーメンを食べる!などブームがありますがこれは、NGです。

麺類やパン、穀物類だけの食事は厳禁です。
逆に、減らすのも厳禁です。

糖質は、体内でグリコーゲンという形で水と一緒に溜めているので糖質を減らすと体内の水分が減り肌の潤いが失われるといいます。

糖質を摂取しなければにきびや吹き出物の原因となります。
3食とも主食は抜かず主食・主菜・副菜の順を守り張りのある肌を手に入れましょう。

夜は、寝られていますか?

スマホを朝から寝るまでやられていますか?
疲れません?

それもたばこを吸いながら!?アルコールを飲みながら?
すぐに改善が必要ですね。

最近、スマホなどからでてくるブルーライトが原因で不眠症になられている方が多くいらっしゃると聞きます。

確かにスマホで自分が好きな情報を手に入れていれば満足と言う方が多いいと思います。

良くタレントさんもユーチューブなどをみていらっしゃる方がいますが、タレントさん達は深夜の仕事がありますから自発的に寝られています。< /span>さんまさんは、新幹線の中で乗車してから下車する間に熟睡ができるといいます。

ショートスリーパーですが、みなさんがタレントさんのようにすれば体の不調は間違いなしです。

睡眠は、脳や各臓器を休める動作です。これを怠れば、まず肌があれます。次に、注意力が散漫になり怪我などをされることがあります。

よく、夜勤明けの方の注意不足が車などの自己を招く事もありますからね。

寝不足が続けばお化粧ののりが悪い事が最初にでます。

肌のくすみ、目の下のくま、ニキビなど様々なトラブルが起こると言われます。
睡眠とホルモンの分泌が健康な肌作りといいます。

きちんと睡眠ができれば、美肌や不可欠な成長ホルモンが脳下垂体からでてきて多く分泌されるといいます。

皮膚組織からの修正や再生、水分保持、ターンオーバーの促進がメインで若い肌つくりに重要な役割を補っています。

私達の体は、睡眠時に紫外線や乾燥、今日一日に起きた肌の事やストレスなどを解消し肌へのダメージを軽減し修復や再生を行っています。

さいごに

夏は終わりました。ケアなどはしていられなかったと思います。
ただ、その楽しさの付けが秋に訪れたかもしれません。

秋は、乾燥が激しいと言われる冬に対しての準備期間です。
怠れば肌荒れがすごくなり老け顔となります。

できれば、美肌を手に入れ実年齢異常に若く見られ、肌がきれいな事を自慢されたいと思います。

関連記事

【スポンサードリンク】

こちらの記事も読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ