ティントリップの塗り方のコツや剥がし方!危険性はあるの?


皆さんは1日の中で、口紅の塗り直しは何回くらいしていますか?

食べたあとや飲んだあと、ふと鏡を見てまるっきり落ちてしまった口紅にがっかりすることありませんか?

簡単に落ちない口紅があればいいなぁ…と何度思ったことでしょうか?

今日はそんな皆さんに朗報です!

実はティントリップという今までの口紅とはまったく原理の異なるリップがあるのです。

なんでもティントリップは、一度塗ると色がなかなか落ちないんだとか。

どんなリップかとっても気になりますよね!

関連記事

ティントリップを知っていますか?

発祥はコスメ大国「韓国」で、オルチャンメイクというメイク法で瞬く間に話題となり、日本でも取り入れられるようになりました。

ティントリップとは、「染める」リップという意味で、ティントリップを塗ることで唇を染めるように色づき、色が落ちにくいと話題になっているのです。

グロスや口紅は「塗る」ので、食べたり飲んだりするとどうしても落ちてしまうのですが、ティントリップは「染める」ので、とても落ちにくく、メーカーによっては12時間落ちないものや、洗っても数日間落ちないといったものもあるようです。

まさに女性が待っていた商品ですよね!

こちらもちろん、食べたり飲んだりしても色が落ちる心配がなく、コップに口紅がついてしまうということもありません。

また、私個人的には歯に口紅がついてしまう「歯紅」に悩まされていたのですが、ティントリップだとその心配もなし!

今まではちょこちょこと鏡で歯紅がついていないか確認していましたが、それがなくなると思うととっても嬉しい商品なのです!

ティントリップを実際に塗ってみましょう!

そんな話題のティントリップは塗り方にコツがあります。

口紅やグロスのようにただ塗るのではないのです。

それではさっそく塗り方をご説明いたします。

ティントリップの塗り方

1.まずはリップクリームで保湿します。

もちろんそのまま塗っていただいても問題はありませんが、ティントリップは水分が蒸発しやすいので、唇が乾燥したと感じる方がいるようです。

また、よりツヤツヤ感を出すためにも最初にリップクリームで保湿してから塗る方がよいみたいです。

2.コンシーラーやファンデーションで唇の輪郭を消します。


この輪郭を消すことがポイントです。

輪郭を消すことでキレイな仕上がりになります。

3.ティントリップを唇の中央にのせます。


ただベターっと塗ってしまうより、唇の中央からグラデーションのように色をのせた方が魅力的な唇になります。

4.ティントリップを中央から左右に伸ばします。


左右に伸ばすことでキレイなグラデーションになります。

5.唇を擦り合わせてなじませます。

「んぱっ」と唇を閉じて合わせてから開くとなじみやすくなります。

6.ツヤを出したい場合は上に透明なグロスを塗ります。


もちろん塗らなくてもオーケーです。

これでティントリップを使った魅惑的な唇の完成です!

ティントリップは唇の温度や水分量によって色味が変わるという特徴を持っています。

なので、同じ色でもつける人によって変わったり、その日の体調によって変わったりするので
とても奥が深く、面白いですよね!

ティントリップの進化系、ティントリップパックを知っていますか?

ここまでティントリップについてご紹介しましたが、実はまだお話していないティントリップがあるのです。

それがティントリップパックです!

ティントリップパックとは、ティントリップを塗った後、パックのように時間をおいて、色味がついたら剥がすというタイプのリップです。

塗るだけのティントリップに対して、ティントリップパックは色持ちが断然長いのが特徴です。

それではティントリップパックも使い方をご紹介いたします。

1.リップクリームを塗ります。

2.厚めにティントリップを塗ります。

3.5〜10分乾くまで待ちます。

4.乾いたらゆっくり端の方からティントリップを剥がします。

5.完成です!(ツヤを出したい場合はクリアグロスを塗ってください。)

キレイに見える塗り方コツは、唇からはみ出さないように気をつけてぽってりと塗ることです。
そうすることで、キレイにはっきりと発色します。

また、難しい場合は、リップブラシを使って塗っていくとキレイに塗ることができます。
その際は、何度かブラシにつけて塗ることでぽってり感を出しましょう。

もちろん薄付きでもキレイにできます。

オフィス用のメイクやナチュラルメイクの方は、薄付きにすると唇が浮かず、自然な感じに仕上がります。

薄付きの場合は10分も待たなくても剥がせるようです。

剥がし方コツは、「ゆっくり少しずつ」です。
一気にペリッと剥がしてしまうと、唇の皮まで一緒に剥がしてしまい、流血なんてこともあります。

必ず、ゆっくりと丁寧に剥がしてください。

また、唇が荒れているときはティントリップパックはオススメしません。
唇が荒れないためにも、最初にリップクリームで、しっかり保湿することが重要かもしれませんね。

リップクリームだけでなくワセリンを塗るのもオススメです。

ワセリンはリップクリームより保湿力が高く、赤ちゃんにも使える優しいスキンオイルなので、唇が荒れやすい方にとっても効果的です。

ぜひティントリップを塗る前の下準備として試してみてください!

ティントリップって危険なのでは?

一度つけたら一日中色持ちすると言われているティントリップ

女性にとってはとっても嬉しいことですが、「染める」と聞くと身体になにか危険があるのでは?
と思ってしまいますよね。

私も実際に使用しているのですが、あまりにもの落ちなさに逆に不安になってしまったのでちょっと調べてみました。

ティントリップの注意事項:クレンジングはしっかり行いましょう。

お花や果物の成分が入っているので、そこまで危険ということはないようですが、クレンジングはしっかり行いましょう。

というのも、唇は皮膚の中でもとても弱いものなのです。

ティントリップを残しておいたままだと、唇の荒れの原因になってしまうこともありますので、ポイントリムーバーやベビーオイルなどを使ってしっかりと落とすことをオススメします。

取れづらいときは綿棒などを使って落とすと、よりキレイに落ちます。

ティントリップも普段の化粧と変わらず、やはり一日の最後にはキレイさっぱり落として、肌をしっかりと休ませてあげることが重要なのですね。

ティントリップの使い方 〜番外編〜

実は、ティントリップはチークとしても使えるということを知っていますか?

ティントリップ上級者の方は、クリームチークのように使うようなのです。

使い方は、適量を頬にのせ、指でトントンとなじませるだけです。
そうすると、内側からぽっと色づくように発色し、自然な色の頬が出来上がります。

ティントリップ一本あればリップにチークにと、とても役に立ちそうですよね!
一本カバンに入れておくと重宝すると思います。

ぜひお試しください!

皆さんもティントリップでステキな唇を目指しませんか?

RIP4

出典元:https://jp.pinterest.com

プルプル、ツヤツヤ、そしていつまでも口紅の塗りたてのような赤い唇は美しく、女性の象徴だと思います。

ティントリップは安いものだと600円くらいから購入することができるし、韓国だけでなく日本や外国の様々なメーカーからも発売されているので、とても簡単に手に入れることができ、手軽に始めることができます。

ぜひ皆さんも、ティントリップを使って、ステキな唇を目指しませんか?


こちらの記事も読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ