顔の産毛やおでこの生え際の処理方法は?


皆さん、顔やおでこの生え際の産毛ってどうしていますか?

足や腕は見えるところなのでお手入れをしている人が多いと思いますが、なかなか顔の産毛やおでこの生え際の処理って難しいですよね。

そもそも産毛を剃ってしまうとだんだん濃くなってしまうのではないかと思い、私は剃るのをためらっていました。

今日はそんな顔の産毛とおでこの生え際の処理についてご紹介していきたいと思います。

顔の産毛やおでこの生え際って剃るべきなの?

まずは、この問題をすっきりさせたいですね。

産毛は剃るべきなのでしょうか?

答えは「YES」です!

顔の産毛やおでこの生え際は意外と人から見られているもので、普段からしっかりお手入れをしていないと、いざ接近した時に困ってしまいます。

特に日本の女性は足や腕などをしっかりお手入れされている方が多いので、そういう隙のない女性を目にしている男性にとって、産毛が生えている女性にドン引きしてしまうかもしれません。

なので手足同様、顔やおでこもしっかりと処理していきましょう。

顔の産毛は剃ると濃くならないの?

「顔の産毛は剃ると濃くなる」って昔から言われていますよね?

私も濃くなるのが怖くて、なかなかお手入れできていませんでしたが、本当のところどうなのでしょうか?

実は医学的には「産毛は処理しても濃くなったり増えたりしない」と言われています。

ではなぜ、そのように言われ続けているのかというと、間違った自己処理を行うことで、産毛の断面が平らになりその状態のまま伸びてしまったり、産毛が2つに分かれてしまったり、皮膚に毛が埋もれてしまったりしてしまうからなのです。

そうなってしまうことで毛が濃くなったように見えてしまうのが原因なのです。

正しい処理の仕方を覚えることで解決できますので安心して剃っていただければと思います。

顔の産毛を剃ると嬉しいメリットが!

顔の産毛を剃ることで女性に嬉しいメリットがたくさんあります!

どんなメリットがあるか早速ご紹介いたします。

メリット1.化粧のノリが良くなり、化粧の持ちも良くなる

ファンデーションと肌の間に産毛があることで化粧の密着率が低くなっていたって知っていますか?

産毛をなくすことで、肌とファンデーションの密着率も高くなり、化粧の持ちも良くなります。

また肌にピタッとつくので化粧のノリも良くなりますよ!

メリット2.化粧水などもよく浸透する

これは嬉しいメリットですね!

肌に余計な産毛がなくなるので、化粧水や乳液などもお肌にグッと馴染むようになります。

メリット3.肌のトーンがワントーン上がる

産毛によって私たちのお肌は実際の肌色よりも暗く見えているのです。

産毛を処理することで、肌もワントーン明るく見えるようになります。

メリット4.肌トラブルも解消に導いてくれるかも

産毛に雑菌や皮脂がたまり肌トラブルになっていたお肌も、産毛を無くすことで解消できます。

ぜひニキビなどの肌トラブルに悩みを抱えている方にオススメです。

メリット5.ピーリング効果も期待できる!

ピーリングとは古い角質を剥がすことで新しい肌を表面に出す美容法のことです。

カミソリで処理することで産毛と一緒に古い角質も剥がしてくれるので、ピーリング効果が期待できます。

そうすると肌のゴワつきやざらつきを取り除いてツルツルのお肌になります。

ターンオーバーも促してくれるのでお肌自体をだんだん元気にしてくれますよ!

さぁ実際に産毛を剃ってみましょう!

さて、こんなに嬉しいメリットがたくさんあるのであれば、さっそく産毛を処理したいですよね!

先ほどお話した通り、正しい処理を行わなければ、濃く見えてしまうこともあります。

ぜひこれからお伝えする処理の仕方でやってみてください!

自己処理の仕方

自己処理する場合は、顔剃り用のT字型カミソリやL字型カミソリか電気シェーバーを使いましょう。

肌が敏感な方には電気シェーバーをオススメしたいのですが、電気シェーバーは直接肌に触れずに毛を剃るという構造になっているので、カミソリよりは毛が伸びるのが早くなりますのでご注意ください。

また、毛抜きで抜いた方がよいのでは?と思う方もいるかもしれませんが、それはオススメできません。

毛抜きだと肌へのダメージが剃るより大きく、炎症を起こしてしまう可能性があります。

必ず剃るようにしましょう。

kamisori

出典元:https://jp.pinterest.com/

それでは手順をご紹介いたします。

1.メイクを落とす
まずはメイクを落とし、汚れや雑菌などをきれいに落としましょう。

2.蒸しタオルで1〜2分、顔を温める
これがものすごく重要なポイントです。

蒸しタオルで顔を温めることで毛穴が開き、肌が柔らかくなります。

そうすることで肌へのダメージを軽減させることができるのです。

そしたら、お風呂で処理をすれば一石二鳥かも!と思われるかもしれませんが、これはNGです。

お風呂場で行うと雑菌が入ってしまう可能性があります。

面倒くさい…と思わず、ぜひ蒸しタオルで温めてからはじめてみてください。

3.乳液やクリームで肌を滑りやすくしておく
何もつけずに処理するのは肌にとんでもない負担をかけてしまうので、必ず乳液などで保湿しながら行ってください。

また石けんや洗顔料は雑菌が入る原因となりますので気をつけてください。

4.毛の流れに沿ってゆっくりと滑らせる
ここも重要ポイントです!

毛の流れに逆らって変な方向から剃ってしまうと、毛の断面が平になってしまい、毛が伸びてくると濃くみえてしまう原因になります。

毛の流れをよく見ながらゆっくりと剃ってみてください。

5.洗顔をして保湿をすれば終了!
処理後は洗顔をして毛を落とし、乳液などで保湿を行いましょう。

キレイに剃ってもその後の保湿をしっかり行わなければ肌荒れなどのトラブルの原因になってしまいます。

カミソリ負けしやすい方は、終わった後に冷たいタオルなどを顔に当ててクールダウンすると、赤みやヒリヒリするのを予防することができます。

また、生理中や体調が良くないときなどには処理をしないようにしましょう。

この時は肌が敏感なことが多く、肌荒れがしやすくなってしまうので要注意です。

そして、ちょっと自己処理に不安な方はサロンで脱毛してもらいましょう。

サロンはもちろん脱毛のプロがいらっしゃいますので安心して任せることができるし、アフターケアもしてくれるのでオススメです。

どのくらいの頻度で剃るべき?

この問題も気になるところですよね。

顔の皮膚は手や足に比べるととても敏感です。

なので、剃りすぎてしまっては肌トラブルの原因になりますので、2週間に一度くらいのペースで剃りましょう。

産毛が目立ちやすい方でも1週間に一度くらいを限度にしてください。

もしそれでも気になる方は、電気シェーバーで処理をすれば肌への負担が少ないので、気になったときに処理できるのでオススメです。

その他、産毛処理にオススメは?

大豆イソフラボン入りの化粧水の使用です!

びっくりされる方も多いかもしれませんが、実は大豆イソフラボンにはムダ毛を薄くするという効果があるのです。

産毛を含むムダ毛は男性ホルモンが濃く太くさせる原因だと言われています。

女性の中にもこの男性ホルモンは存在しており、ホルモンバランスが乱れてしまうと男性ホルモンが増えてしまうのです。

女性ホルモンは反対にムダ毛を薄くする効果があるのですが、その効果と同じような働きをしてくれるのが大豆イソフラボンなのです!

なので、大豆イソフラボン入りの化粧水や乳液を使うことで顔の産毛を薄くすることができます。

もちろん顔だけでなく、手や足にも使用するのも良いと思います。

daizu

出典元:https://jp.pinterest.com/

産毛処理をしてツルツルキレイなお肌を目指しましょう!

いかがでしたか?

産毛処理をすることでお肌に良いことたくさんありましたね!

ふいに顔が近づいたとき、自信を持てるようになるためにも、ぜひ産毛の処理をしてキレイなお肌を目指しませんか


こちらの記事も読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ