【2017 冬ネイル】流行りデザインはこれ!


今年の冬は盛り袖やフリル袖など腕にポイントのある服装が流行するのでどちらかというと上半身に注目が集まりがちなスタイルとなりそうです。

そうなると爪先にもしっかり気を配っていきたい!というかネイルって意外と見られがち、特に同性からのチェックは厳しいですよね。

周りからの視線だけでなく自分自身も袖からちらっと見えるネイルがおしゃれだとやっぱり気分もあがるので冬だってネイルにこだわりたいというのが本音ではないでしょうか?

ということで2017年の冬ネイルの流行りデザインをご紹介していきます!これさえ押さえとけば間違いなしのデザインなのでチェックしてみて下さいね。

【スポンサードリンク】

絶対外せない!べっ甲ネイル

べっ甲ネイル

今年絶対に外せない流行りのデザインがべっ甲です。大人っぽいのにかわいい、おしゃれ度も抜群なので注目が集まっています。

写真のようにカーキやホワイトとの相性が抜群なのはもちろんのこと、グレープレッドやパープルなどの深みのある色とも相性が良いので幅広い組み合わせができます。

パーツはゴールド系やパール、ビジューなどがおススメです。

またべっ甲ネイルはセルフでも作りやすいのが人気の秘密でもあります。

ポリッシュで作るべっ甲ネイル

ポリッシュでべっ甲ネイルを作る場合に持っていると便利なのが透明感のあるリキュールネイルです。

イエローもしくはオレンジのリキュールネイルを一度塗りしたら乾かない内にランダムにブラウンをのせ輪郭をぼやかします。

仕上げにもう一度イエローかオレンジのリキュールネイルをのせればべっ甲ネイルの完成です。

深みを出したい場合はブラウンを濃い目と薄めの二種類を重ねるようにすればデザインの奥行き感が増します。

ジェルで作るべっ甲ネイル

ベースにイエローを塗布しそのまま茶色でまだら模様を作りクリアジェルでまだら模様の周りをぼかします。

バランスを見ながら茶色を足したりぼやかしたりして硬化したあと、仕上げにクリアオレンジを塗って硬化すれば完成です。

こちらも茶色でまだら模様を作る際に薄い部分と濃い部分を作るとよりリアルになるのでバランスを見ながら模様を作ることが重要となってきます。

フレンチネイルのフレンチ部分のみをべっ甲模様にしたりラインテープでブロッキングした一部分をべっ甲にするのも流行しています。

レッドやホワイトのべっ甲も人気

レッドやホワイトのべっ甲

ブラウン系の基本的なべっ甲だけではなく深みのあるレッドやさわやかなホワイトを用いたべっ甲ネイルも人気があります。

写真のようなレッドのべっ甲ネイルは一色のカラーで作ることが出来るので手軽にデザインを楽しむことが出来ます。

レッド べっ甲ネイルの作り方

ベースにクリアレッドを塗り硬化したあとに、まだらにべっ甲模様をつくりクリアジェルで模様周辺をぼかします。

バランスを見ながら整え硬化すれば完成です。

お好みによってブラックやブラウンをアクセントに混ぜてもいいかもしれません。
人と差をつけたいならぜひともカラーべっ甲に挑戦したいですね。

ギャラクシーネイル

ギャラクシーネイル

大人っぽくクールに仕上げたい時にはギャラクシーネイルがおすすめです。

夏に夜空ネイルが流行りましたがギャラクシーネイルは色の深みやじんわりとしたカラーが特徴的でコーデのポイントにもなります。

中心部のカラーはお好みですが、ピンク・パープル・ブルー・グリーンが合いやすいです。

アクセントとしてホログラムやラインストーンでキラキラ感を演出しましょう。

ポリッシュで作るギャラクシーネイル

ベースに黒もしくは濃紺を塗り乾かします。

中心部にホワイトのカラーをのせ、半乾きくらいの時に粗目のスポンジに好きなカラーをとりホワイトを消さない程度に中心部から外側に向けてグラデーションを作るようにスタンプを押すようにカラーをのせていきます。

バランスを見ながらラメを重ね塗りしたり細筆で白く星を書き込めば完成です。

ジェルで作るギャラクシーネイル

ベースに黒もしくは濃紺を塗布し硬化します。中心部にホワイトで模様をアバウトに描き好きなカラーをのせて模様の外側をぼかしていきます。

さらにもう一色外側にのせて全体的にぼかします、中心部に近い色がピンクなら外側はパープル、ブルーならグリーンが相性が良いようです。

硬化後ラメパウダーやホログラム、ラインストーンをのせたり、バランスを見ながら小さな星を書き込みます。

斜めのラインを意識しながらデザインを作るように意識しましょう。

【スポンサードリンク】

ふわふわ♪かわいい ゆめかわネイル

ゆめかわ

出典元:https://www.instagram.com/


パステル調でガーリーなかわいらしさのゆめかわネイルはまさに秋冬にピッタリなネイルです。

ゆめかわいいというのはガーリーでドーリー、夢みたいにかわいいパステルカラーが中心となったスタイルです。

パステルピンク・ブルー・パープル、ホワイトをメインに使用していきます。

流行中のファーアイテムに合わせて爪先もふわふわとかわいらしく決めましょう。

ポリッシュで作るゆめかわネイル

お好きなパステルのネイルカラーを波型のフレンチになるように細筆で輪郭をかき内側を塗ります。

バランスを見ながらフレンチに細く輪郭をつけたりドットで飾れば完成です。

こちらのデザインはショートネイルにも合うデザインとなっているうえにシンプルなので休みの日だけネイルする方にもおすすめです。

ジェルで作るゆめかわネイル

クリアジェルをベースに塗り硬化し、好きなパステルカラーで波模様のフレンチを作り硬化します。

5本全体のバランスを見ながらホワイトで輪郭を描いたりドットを付け加え硬化させます。

最後に月や星などのゆめかわ系のパーツをつけて硬化すれば完成です。

立体的なパーツもしっかりとつけれることがジェルの強みなのでパーツをのせることをおススメします、月や星意外だとぺガサスや羽、リボンが人気です。

パーツをたくさん載せればコテコテの王道ゆめかわネイルに、少なめだと大人可愛いゆめかわネイルとなりますよ。

この冬断然おススメなのはグレープレッド!

グレープレッドネイル

今年の冬のワンカラーネイルでおすすめなのがグレープレッドというカラーです。

ぱきっとした華やかなレッドに比べ、深みのあるグレープレッドは落ち着きのある上品なレッドとなっています。

デザインの中にグレープレッドを加えることによって華やかながら旬のあるデザインとなるため徐々に人気の出てきているカラーです。

パールとの相性が抜群ですが、ゴールドやシルバーとも相性がよくデザイン・パーツ共に組み合わせを選ばないカラーとなっています。

その他にもグレープパープルといった赤みの強いパープルも人気です。

シンプルにワンカラーで細めのスキニーフレンチスタイルも大人っぽくて素敵ですよね。

おわりに

2017年の冬ネイルの流行りデザインをご紹介してみましたがいかがでしたでしょうか。

今年はべっ甲ネイル、ギャラクシーネイル、ゆめかわネイル、グレープレッドをおさえておけばまず困ることはなさそうです。

普段忙しくてネイルサロンに行けない、自分で何とかしたいという方の為にポリッシュとジェルの両方のやり方をご紹介してみました。

それでもあまり凝ったことはできないという人は最近はネイルシールやネイルスタンプなども豊富に販売されているのでカラーだけ自分で塗ってネイルシールやネイルスタンプでアレンジするというのも一つの手だと思います。

自分のライフスタイルにあった旬なデザインを選んでぜひ試してみてくださいね!

【スポンサードリンク】

こちらの記事も読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ