秋の先に待つホリデイシーズンに勝負をかける皆さま。

自分史上最高のリップメイクは把握済みですか。

メイクの仕上がりを左右するのは、やっぱりルージュ。

顔の印象を決めるのも、やっぱりルージュ。

本日は、記憶に残り続けるエレガンスを唇に宿す「ジョルジオ アルマーニ ビューティ」のリップアイテムをご紹介したい。

さりげなく色づく唇も、情熱的な熱視線をひとり占めする唇も叶えるリップアイテムが顔を揃える。

アルマーニのリップアイテムさえあれば、もう唇の色に悩まない。

先立つホリデイシーズンに連れて歩きたくなるリップが見つかりますように。

【スポンサーリンク】

ジョルジオ アルマーニ ビューティが目指すもの

giorgio armani
出典元:http://www.pinterest.jp

”エレガンスとは、目を引くのではなく、記憶に残り続けるもの”

ジョルジオ・アルマーニ氏にとっての美しさと気品さを兼ね揃えた女性とは、ただそこに居るだけで忘れがたい余韻を心に残すことのできる女性を指す。

決してこれみよがしではない、あくまでも自然体に魅せる上品さとは何か。

彼はいつの日もわたしたちに問いかけ続ける。

堂々と胸を張り、自信を携えた佇まいに穏やかさをエッセンスとして加え色っぽく魅せる女性こそが理想であると。

逞しさ、しとやかさの二面性をシーンによって使い分けることのできる女性はいつの時代も注目の的だ。

圧倒的な存在感を放つパッケージ、高い品質が特徴のテクスチャーに誰もの視線を奪うクチュールカラー。

完璧主義であるアルマーニ氏の美学がたどり着いた、オンリーワンの品質へのこだわり。

シンプルだけれどもラグジュアリーなメイクアップを、彼は日々タフに生きるわたし達に今日も贈り続ける。

そんな彼の願いが託された最強のリップアイテムたちをご紹介したい。

リップスティック

ルージュ ドゥ アルマーニ マット

ROUGE DE'ARMANI MATTE
出典元:https://www.armanibeauty.jp

2018年10月5日に発売されたばかりのジョルジオ アルマーニ ビューティ新作リップ「ルージュ ドゥ アルマーニ マット」

アルマーニのエレガンスが満遍なく散りばめられたリップスティック。

「マット」の概念を覆したとの呼び声高き全15色のカラーバリエーションがここに集結。

とろりとなめらかで、この上なくナチュラルに唇へと馴染む上質な仕上がりが頼もしい。

ひと塗りでに無敵のくちびるへ。

ルージュ ドゥ アルマーニ マット
出典元:http://www.pinterest.jp

鮮やかに輝く発色と最強の持続を叶えるうるおい。

つけている実感を伴わないほどの心地よい使用感が特徴のロングラスティングタイプ。

しっとりした付け心地のパウダリーマットと、上質でクリーミーな質感が同時に叶う。

Rouge d’Armani Matte Lip #500
出典元:http://www.instagram.com

人気カラーは#513のローズカラー。

薔薇の花びらをくちびるに添えたように色めく彩りがたまらない。

うるおいをとらえて離さず、縦ジワが目立ちにくいのも魅力。

従来のマットリップの常識を塗り替えるような今までにないルージュ

それぞれが完璧な存在感を示すカラーバリエーションから1本だけを選ぶなんてできない。

エクスタシー バーム

Neo Nude
出典元:http://www.pinterest.jp

2018年6月6日に発売された「ネオ ヌード(NEO NUDE)シリーズ」から誕生した「エクスタシー バーム」

シリーズのコンセプトは「"完璧に作りこまれた"ノーメイクを演じるメイクアップ 」

アルマーニ独自の特別製法を採用したリップ「エクスタシー バーム」は、グロスのみずみずしい輝きとバームのうるおいトリートメント効果を1本で叶える優れもの。

エクスタシー バーム
出典元:http://www.pinterest.jp

重ねるほどに色のコントラストを自由自在に操ることができる。

グロスとは異なるあくまでも自然体な艶感。

コンセプトにふさわしい、完璧に作りこまれたナチュラルなくちびるがこれ1本で叶う

ジョルジオ アルマーニ ビューティのパッケージといえば赤や黒をついつい連想しがちなわたし。

愛らしいさくらピンクの外観が女心をくすぐります。

エクスタシーバーム_3色
出典元:http://www.instagram.com

気になるカラーバリエーションは、愛くるしく艶めくキュートなシアーピンク、ほんのり赤く色づくローズ、妖艶な深みが魅惑のプラムの3色。

【スポンサーリンク】

リキッドルージュ

エクスタシー ラッカー

エクスタシー ラッカー
出典元:http://www.pinterest.jp

リップスティックでも、リップグロスでもない、圧倒的な仕上がりを叶えるリキッドルージュ。

触れたくなるほどの艶、鮮やかな色彩、そしてみずみずしいテクスチャー。

唇の潤いや輝きに満ちた発色、つけたての仕上がりを長時間キープ

Ecstasy Lacquer #402
出典元:http://www.pinterest.jp

気になるカラーバリエーションは、肌色を問わず馴染むパール入り鮮烈カラーがビビッドなノンパールとに分かれます。

魅惑的な発色が肌の色を明るく魅せます。

リップクリームをベースに塗ってうるおいを保護する必要なし。

唇が乾燥しやすい季節でも、しっとり濡れた唇を保持することが可能に。

エクスタシーラッカー_2色
出典元:http://www.instagram.com

わたしはデイリー使いに向いているパール入りの#500を愛用しています。

リキッドルージュだと発色の加減をコントロールするさじ加減が難しいけれど、#500は絶妙なパール感が色味をおさえ、照明の暗い場所でも輝いてみせるから嬉しい。

ちなみに#302は重たくない赤みが上品に色づく唯一無二の真っ赤なルージュ

ヘビロテしています。

created by Rinker
ジョルジオ アルマーニ
¥3,960 (2018/12/12 14:43:05時点 Amazon調べ-詳細)

リップ マエストロ

lip maestro
出典元:http://www.pinterest.jp
艶に満ちていながら濃密なマットの仕上がりをも手繰り寄せる新感覚のリキッドルージュ「リップ マエストロ」

マットリップスティックより輝きがあり、グロスよりも洗練されたルミナスマットなリップカラー。

ラグジュアリーなベルベットテクスチャーに加えて、乾きにくいマットな仕上がりを実現させました。

アルマーニだからこそ実現できたアンチシャインパウダーが、テカリを抑えます。

今までになかった、マット且つ艶めく仕上がりを叶え、ベルベットジェルによるライトなつけ心地と、エモリエントオイルの限りなきうるおいをもたらすプレミアルージュ

情熱カラーがミステリアスな輝きを唇に宿します。

攻めの発色、ライトな使い心地、マットな輝き。

マットリップスティックよりもきらめきを放ち、グロスよりも磨き上げられた感覚までをも酔わせるリキッドルージュ。

リップ マエストロ
出典元:http://www.pinterest.jp

唇に変化をつけたいデイリーシーンにも、今夜は違う顔であっと言わせたい特別な日にも、周囲を魅了させるリップメイクを実現

リキッドなのに仕上がりがマットというだけでも新しいのに、唇にうるおいを閉じ込めてくれるから安心して使用できる。

やっぱりアルマーニは魅せ方が違う。

emily blunt
出典元:http://www.pinterest.jp
ハリウッド女優、Emily Blunt(エミリー・ブラント)もアワードにて「リップ マエストロ」を使用。

やはりこの発色はそう実現できない。

フラッシュにも負けない驚異の存在力を放ったリップが眩しい。

リップ マグネット

リップ マグネット
出典元:http://www.pinterest.jp

思いのままに唇を描くペンタイプのアプリケーターを取り入れたリキッドルージュ「リップ マグネット」

新たに採用されたフォーミュラとの相乗効果で、リキッドを薄く唇にのせることも可能にします。

夜のメイクオフまでうるおいを閉じ込め、目覚ましいまでの発色で惹きつけるコンパクトサイズのルージュ。

メイク直しの回数を圧倒的に減らすほど長時間続くマットな仕上がりは、決してべたつくことなくみずみずしいままに輝く。

lip magnet
出典元:http://www.pinterest.jp

唇はいつまでもきらめき、時間がたっても鮮明なリップラインをキープ

何もつけていないかのような錯覚をも生むライトなつけ心地が夢のよう。

自然にきらめかせたいときは適量を塗布することができ、ペンの先端を使えば繊細なリップラインも簡単に仕上げることができます。

ほんのひと塗りで、鮮やかでマットな色合いが唇と一体化し、まるでマグネットのように密着します。

コンパクトなサイズが持ち運びを楽にし、メイクポーチの中を彩る。

created by Rinker
ジョルジオ アルマーニ
¥4,230 (2018/12/12 14:43:05時点 Amazon調べ-詳細)

紹介したアイテムのおさらい