メイク落とし何がいい?シートやオイルのおすすめは?


メイク落としどうしてますか?

シートオイル、どれを選んでいいか迷っちゃいますよね。

肌に合わないとヒリヒリしたり赤くなったり…

メイク落としのアイテム選びで悩んでいる方へおすすめのシートやオイルをご紹介します。
敏感肌の方にもおすすめの肌に優しいメイク落としもご紹介。

【スポンサードリンク】

メイク落としどうしてる?

メイク落としは何を使っていますか?

クレンジングオイル・クリーム、メイクも落とす洗顔フォーム、メイク落としシート、何を選んでいますか?

帰宅後、メイクをすぐ落としていますか?そのまま寝ても大丈夫っていうファンデーションもありますが、できればメイクはできるだけ早く落としたいですね。
肌をゆっくり休ませてあげれば翌朝のお化粧の乗りがぜんぜん違います!

今回はメイク落としシートとオイルのことをリサーチしました!シートとオイルはそれぞれどんなメリットとデメリットがあるのか?人気のアイテムなどもご紹介します。

敏感肌の方はクレンジングに悩んでいる方も多いようですね。
そんな方のために敏感肌の方におすすめのアイテムや、手作りのクレンジングオイルの作り方とその使い方もご紹介します!

シートとオイル、どっちがいい?

メイク落としシートとクレンジングオイルはそれぞれ「メリット」と「デメリット」があります。それぞれの特徴を考えて使うシーンや自分の肌に合ったものを選ぶのがいいですね。メイク落としシートとクレンジングオイルのメリットとデメリットは次の通りです。

メイク落としシート

メイク落としシートメリットは何といっても「簡単なこと!」です。

持ち歩きに便利なので旅行に携帯するのも楽だしふき取った後に洗顔不要のものも多いからとっても楽!

スキンケア成分もたっぷり入っているものが多いので疲れている時や旅行の時、飛行機や船に長時間乗っていて洗顔がしずらい時に便利です。

デメリットはどうしても「肌を擦る」ので、肌に刺激を与えてしまうことです

たっぷり水分を含んだシードでも他のクレンジングに比べるとどうしても刺激が強くなってしまいます。

もう一つは「拭き残し」と「クレンジング成分が肌に残る事」です。
丁寧に拭き取っているつもりでも、小鼻のくぼみや髪の生え際などにどうしても拭き残しが出てしまいがちです。

そしてメイクを落とすためのクレンジング成分には肌に刺激の強いものも多いので、拭き取った後にその成分が長時間肌の上に残るのも不安材料です。

クレンジングオイル

クレンジングオイルメリットは肌に刺激を与え過ぎずに強めのポイントメイクも落とせることです
濡れた手で使え洗い流せるタイプならバスタイムに使えて便利!

デメリットは脂性肌の人にはどうしてもさっぱり感を味わえず、ベタベタ感が残りやすい事です。

そしてクレンジング後にしっかりと洗顔料で洗顔する必要があるので、時間と手間がかかることです。

おすすめのメイク落としシートベスト3

ではメイク落としシートのおすすめベスト3をご紹介します。

口コミや専門サイトをリサーチして人気のシートの中から3つを選びました。


ソフティモメイク落としシートホワイト

ソフティモメイク落としシートの特徴は強くこすらなくてもいい3種のマイクロファイバー配合シートです。

このシートが優しくなでるだけでメイクを落としてくれます。
そしてシートには美容液成分がたっぷり!ふき取り後の洗顔も不要です。


クレンジングリサーチ シートクレンジング

肌の古い角質も落としたいならこのシートがおすすめです!

メッシュのシートに角質ケア成分のフルーツ酸配合で、メイクだけでなく古い角質や毛穴汚れを落としてくれます。


ビオレメイク落としシート

CMや広告でおなじみのメイク落としシートです。
シートの大きさは小さめなのでメイク落としには1~2枚必要です。

クレンジング力が強くポイントメイクもするんと落としてくれるので、疲れてすぐに寝たい時や緊急のメイク直しにおすすめのシートです!

【スポンサードリンク】

おすすめのクレンジングオイルベスト3

次におすすめのクレンジングオイルベスト3をご紹介します。

自分に合ったクレンジングオイルを選んでくださいね。


ファンケル マイルドクレンジングオイル

界面活性剤や防腐剤を使っていない肌に優しい成分です。とても伸びがよく強めのメイクもしっかり落としてくれます。

肌の潤い成分を残す洗いあがりなのでしっとり。


シュウウエムラのクレンジングオイル

色々なクレンジングオイルのランキングで常に上位にある人気のものです。

特徴は水分と油分のバランスを調整してくれるので、どの肌質にも比較的合うということです。
植物オイル配合でしっかり落としながらも肌にやさしいオイルです。


DHCオリーブコンセントレート クレンジングオイル

無香料、無着色、パラペンフリー、鉱物油不使用、石油系界面活性剤不使用で肌に刺激の少ない成分です。

オリーブオイルの成分がクレンジング後もしっとり感をキープします。

敏感肌のためのメイク落としおすすめ

メイク落としシートもクレンジングオイルも自分には刺激が強すぎる、ニキビが気になってクレンジングオイルを使えない、という方におすすめのリキッドタイプのクレンジングです。

敏感肌の方にもおすすめの肌に優しいクレンジングリキッドをご紹介します。


オルビス・クレンジングリキッド

オルビスのクレンジングリキッドの特徴は「オイルフリー」です。

しっかりメイクを落としながらも洗いあがりはスッキリ気持ちがいい!オルビスの人気の商品です。
成分の30%以上が潤い成分なので、洗いあがりはスッキリ、しっとりしています。

その他、超敏感肌の方には手作りのクレンジングオイルもおすすめです。

オイルの種類はエクストラバージンオリーブオイルやアーモンドオイルなど保湿成分の含まれたものがおすすめです

これらのオイルは食用でOK!(新鮮なものを使ってくださいね)お好きなアロマオイルを一滴垂らしてもいいし、薬局で購入できる「グリセリン」という保湿剤を混ぜてもいいと思います。(グリセリンは全体量の1/4を上限にしましょう)

手作りのクレンジングオイルはちょっと手間がかかります。

作ったクレンジングオイルでゆっくりとメイクを浮かせたらティッシュで脂分を吸い取り、そのあと洗顔します。敏感肌で洗顔をしない方は蒸しタオルで優しく拭き取ってください。

おわりに

ここまでメイク落としシートクレンジングオイルについて見てきましたがいかがでしたか?

それぞれにメリットとデメリットがあるので、使う場所やシーンに応じて使い分けるのが良いですね。

敏感肌の方も刺激の少ないクレンジングを使ってしっかりメイクオフしてくださいね。手作りのクレンジングオイルもトライしてみてください。

メイクは早めにしっかり落とす事が何より大事です。お肌にダメージを残さないためにも自分に合ったメイクオフの方法を見つけてくださいね。

こちらは肌にもいいポリフェノールの詳しい記事です。合わせてお読みください。

関連記事

【 スポンサードリンク 】

こちらの記事も読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ