まつ毛を伸ばす方法とおすすめの【まつ毛美容液】5選!


華やかなアイメイクのポイントといえば、長くボリュームのあるまつ毛

存在感のあるまつ毛を叶えるためには、ビューラーやマスカラ、つけまつ毛、エクステなど様々な方法がありますが、どの方法を選ぶにしても、やはり自まつ毛が肝心なのは言うまでもありません。

自まつ毛が長く健康的であればあるほど、ノーメイクや薄いメイクでも自信が持てますし、逆に華やかなメイクはいっそう映えますから、自力でまつ毛を伸ばす方法があったら!と感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、自分でできる!まつ毛を伸ばす方法について、効果的な方法から気をつけたいNG習慣、おすすめのまつ毛美容液まで詳しく解説しましょう。

関連記事

【スポンサードリンク】

まつ毛が伸びる仕組みとは?

日本人のまつ毛の長さの平均は約7mmと言われており、1cmまでは難しくても、さらに1mm程度なら比較的伸ばしやすいようです。

ただし、髪の毛とは違い、まつ毛は伸び続けることはなく、一定の長さを保ちながらヘアサイクルと呼ばれる周期で生え変わっていきます。

まつ毛のヘアサイクルとは、毛が生えてきて伸びる成長期、成長後から徐々に細くなって抜け落ちるまでの退行期、新しく生えてくるまでの準備期間である休止期を経てまた成長期が始まるといった仕組みのことで、この周期には個人差はありますが、約1~3ヶ月ほどといわれています。

また、まつ毛が伸びるペースにももちろん個人差はありますが、一般的に一日に約0.1~0.18mm、1ヶ月では約3.0~5.4mmというペースだといわれていますが、いずれにしても、非常に短い毛であるまつ毛の成長は大変微々たるもの

そのため、そもそも皮膚が薄くてデリケートな目元の皮下わずか2mmのところに埋まっているといわれるまつ毛ですから、健康的に伸ばし、長く育てるためには繊細なケアを地道に続ける必要があるというわけです。

まつ毛が傷んでしまうNG習慣とは?

前述の通り、ごく短い毛であり、目元という繊細な部分に生えているまつ毛を効果的に伸ばすためには、同時に傷まないように守ることも欠かせないケアのひとつになります。

まずは、まつ毛が抜けたり傷んだりしてしまう原因となるNG習慣を改善することから始めましょう。

目元をこするのはNG!

当たり前ですが、目をこすると目元に大きなダメージを与え、まつ毛が傷んだり抜ける原因になります。
無意識でこすっていたり、くせになったりしていたら要注意。

また、クレンジングや洗顔でゴシゴシこすったりするのもNGですから、目元は特に丁寧にやさしくお手入れするようにしましょう。

メイク汚れが残ったままはNG!

メイクをしたまま寝てしまったり、マスカラやアイシャドウなどのメイクの汚れがきちんと落ちきっていないままだと、まぶたやまつ毛の負担になってしまいます。

もちろんゴシゴシこするのはNGですが、だからといって汚れが残ったままにならないよう、毎日きれいに落とすようにしましょう。

ビューラーのお手入れをしないのはNG!

ビューラーのゴム部分が傷んでボロボロになっていたり、汚れていたりすると、これもまつ毛に悪影響を与えます。

ビューラーは使うたびに清潔に保ち、定期的にゴム部分を新しいものに取り替えて使うようにしましょう。

睡眠不足はNG!

お肌や髪と同じで、健康的なまつ毛を育てるためには、良質な睡眠をとることも欠かせません。

特に、夜10時から深夜2時までのゴールデンタイムと呼ばれる時間帯は、お肌や髪と同様、まつ毛にも必要な栄養が補給され、再生や成長が促される時間帯ですから、この時間はしっかり眠っておきたいもの。

また、質の良い睡眠のためには、寝る前のスマートホンやパソコンによるブルーライトは避けるなど、深い眠りに入るための行動も意識しておきたいポイントです。

間違った情報に注意!

ネット上などでは、根拠のない方法がまつ毛が伸びるとして話題になることもありますが、誰にでも当てはまるとは限らない上、思わぬトラブルを招くこともありますから注意が必要です。

例えば、まつ毛ケア用に作られているわけではないクリームや、リップクリーム、ワセリンなどを塗るとまつ毛が伸びたという口コミ情報が広がることがあります。

たしかに、これらの保湿効果などによって実際にまつ毛が伸びることも考えられますが、それではまつ毛専用の美容液を使う方が、保湿効果に加えて適切な栄養成分をまつ毛に補給できるなど、はるかに効果的です。

また、まつ毛や目元に塗るために作られていない化粧品は、デリケートな部分である目元にトラブルを招く危険がありますから、避けるようにしましょう。

さらに、まつ毛の先端を切るとまつ毛が伸びるという情報もありますが、これは切った毛先の断面が太く見えるため、濃く長くなったように見えるだけで、当然ながらまつ毛は短くなるだけです。

こういった信ぴょう性の薄い情報には惑わされないようにしたいものです。

【スポンサードリンク】

まつ毛美容液がおすすめ!

まつ毛を伸ばす効果的な方法としては、まつ毛専用の美容液を使うのがおすすめです。

まつ毛美容液には様々なタイプがあり、価格もまちまちですが、朝晩2回の洗顔の後に塗って使うものが一般的。

まつ毛美容液なら、まつ毛やまつ毛の根元に塗るだけという手軽な方法で、まつ毛の保護や成長に効果的な成分を直接与えることができますし、前述したようにデリケートな目元に使用する化粧品は目元専用のものを使うのがより安全で効率的といえます。

ただし、他の化粧品と同様、やはり合う合わないには個人差もありますから、目元専用の美容液であっても、初めて使用する際は腕や太ももなどの皮膚が柔らかく、目立たない部分でパッチテストを行うことをおすすめします。

また、まつ毛美容液は、一度にたくさんの量を塗ったとしても、それで効果が高まるわけではないばかりか、逆に皮膚のかゆみや目の充血といったトラブルの原因になることもありますから、使用頻度や使用方法をきちんと守ることも大切です。

おすすめまつ毛美容液5選!

まつ毛美容液と一口に言っても、特徴や価格は様々ですから、どうやって選べばいいか悩んでしまうもの。
そこで、ここではおすすめまつ毛美容液として広く紹介されている商品や、化粧品の口コミランキングサイト上位の商品といった注目度の高い商品の中から、予算別に5つを厳選!
ぜひこちらもご参考に。

アイラッシュトニック
アイラッシュトニック(DHC・¥1715-)

DHCのまつげ専用美容液は比較的お手頃価格ながら口コミ人気の高い優秀な一品。
植物エキスによるトリートメント効果が特徴で、夜のまつ毛ケアはもちろん、朝はマスカラベースとしても使用できます。内容量は6.5mL。

スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュセラム
スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュセラム(アンファー・¥1730-)

人気のスカルプDのまつ毛美容液をパワーアップさせてリニューアルしたというこちらは、比較的手に取りやすいリーズナブルな価格も魅力。

まつ毛のヘアサイクルや、まつ毛を抜けにくくする成分というワイドラッシュにも着目したこだわりのまつ毛美容液であり、やわらかいスポンジ状のカールチップを採用しているのも特徴。内容量は6mL。

スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュ プレミアム
スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュ プレミアム(アンファー・¥3460-)

アンファーからは”大人のためのまつ毛美容液”とうたわれるこちらもおすすめ。
価格はやや高めですが、目元の肌をケアできる成分を配合しているので、まつ毛と目の際を同時にケアできるというのが魅力的。内容量は4mL。

ディオールショウ マキシマイザー 3D
ディオールショウ マキシマイザー 3D(ディオール・¥4428-)

予算をかけられるなら、ディオールのこちらがおすすめ。

まつ毛のボリュームを3倍にまで引き上げるというセラムマスカラベースで、まつ毛ケア成分を配合しているので夜のトリートメントとしてはもちろん、日中はマスカラ下地として使用できます。内容量は10mL。

リバイタラッシュアドバンス
リバイタラッシュアドバンス(リバイタラッシュ・¥10584-)

高級まつ毛美容トリートメント液といえばこちらで、値は張りますが、日ごろのビューラーやマスカラ、エクステンションなどによってダメージを受けたまつ毛にも栄養成分を補うことでキューティクルの補修をしたり保護することができ、健康なまつ毛へと導いてくれるという優れもの。内容量は2mL。

最後に…

健康的なまつ毛を育てるためには、目元の血行を良くすることも効果的な方法のひとつです。

ホットアイマスクや蒸しタオルを用いて5~10分程度目元を温めると血行が良くなり、まつ毛を伸ばすためだけでなく、目の疲れや気になクマの解消にも効果的なのでおすすめ。

また、良質な食事や睡眠に気をつかうといった日ごろの生活習慣を見直すことや、普段から濃いメイクやそのクレンジングによる負担をなるべく軽減することも大切です。

まつ毛を効率よく伸ばすためには、たとえ即効性がなくても、こうした普段の生活の中で自力ですぐできる地道なケアも欠かせないポイントになります。

ぜひご紹介した方法を参考に、1mmでも長いまつ毛を目指してみてくださいね!

【 スポンサードリンク 】

こちらの記事も読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ