カバー力のあるファンデーションは?プチプラでニキビ跡やそばかすにも有効!


みなさんファンデーションって何を使ってますか?

最近私も使っていたファンデーションがなくなってきたので次のを探しているところなんですが、去年日焼け対策を怠ってしまったせいで顔中にしみそばかすが生まれてしまいました。

しかも最近肌のお手入れも怠っていたせいでニキビ跡まで・・・。

ここはカバー力のあるファンデーションを取り入れてツルツル肌を作るしかない!

最近のファンデーションってどんなのがあるの?お小遣いの中から購入しなくちゃいけないのでなるべくプチプラで!

ということでプチプラでニキビ跡やそばかすにも有効なカバー力のあるファンデーションを調べてみました!

【スポンサードリンク】

そもそもファンデーションってどんな種類があるの?

ドラッグストアで物色・・・何やら色々ファンデーションの種類がある!

どこがどう違うの~!?それぞれにメリットデメリットがあるみたいです。

どんな肌にしたいのかによって使い分けが必要そうです!では大まかに種類をご紹介しますね♪

リキッドファンデーション

ファンデーションの王道で液状のものになっています。

肌の凹凸部分にしっかりと液がフィットするのでカバー力があります。
液状といってもさらっとしたものからとろっとしたものまでテクスチャーがあります。

さらっとしたものは薄付きとなり肌の表面もサラサラに近いものとなり、とろっとしたものはつや感のある肌を作るのに適しています。

気を付けなくてはいけないのが、化粧直しがしづらい点です。二度付けする場合はムラが非常に出やすく、肌の厚塗り感が強くなってしまいます。

容器が大きめのものが多いため、持ち運びにはあまり適しておらずその点でも外出先でも化粧直しにはあまり向いていません。

パウダリーファンデーション

こちらも王道のファンデーションの一つです。

コンパクトに入っていて、粉状のファンデーションがぎゅっと押し固められているものです。

ふわっと軽めの肌感を作ることができます。形状もコンパクトなものが多いので持ち運びにも便利です。

ただし軽く薄付きである分肌への密着率は少ないものが多いため、化粧崩れは起きやすいです。
シミなどのカバーをパウダリーファンデーションのみで補うのはすこし難しいとも言われています。

クッションファンデーション

最近出てき始めたファンデーションです。

リキッドファンデーションとパウダリーファンデーションがコンパクトの中のクッション部分にしみ込ませてあり、スポンジをスタンプのように使って肌に塗ります。

リキッドファンデーションの肌のカバー力とパウダリーファンデーションの塗り重ねに適している点の両方を兼ね備えており人気が出てきています。

量の調節が難しい点とテカりが思った以上に出てしまう場合もあるようで、使いこなすには慣れも必要のようです。
またスポンジを清潔に保ちつつ使用せねばならず2週間に一回のスポンジの洗浄が必要な商品もあるようです。

【スポンサードリンク】

実際に人気のファンデーションを紹介!

ファンデーションの種類をご紹介しましたが、次は人気の商品をご紹介していきます。
ただ単に売れているだけではなくて、カバー力があるか、プチプラかにも注目していきますよ♪

リキッドファンデーションで人気のもの

レブロン カラーステイ メイクアップ


テクスチャーはとろっと濃い目ですが、するっと伸びるのでムラがでることがなく塗りやすいです。

化粧崩れが本当に起きにくく肌の乾燥も防いでくれます。
カバー力がしっかりしているのでこれ一つでシミやニキビ跡のカバーができます。

塗った後の肌はマット感があり、肌の凹凸感がなくつるっとした表面の陶器肌を作ることができます。
リキッドファンデーションなので塗るだけで適度につやも出すことができます。

お値段も30mlで2000円なのでお得です。

インテグレート リアルフィットリキッド N


テクスチャーは柔らかめで少し軽めのため、より素肌感をだしやすいです。

薄付きでもカバー力はもちろんのこと、素肌にすっとしみ込んでなじんでくれるのでシミを隠すというよりも元々の肌がこんな感じというように見せてくれます。

しっかり肌に密着するのと保湿力があるので化粧崩れが起きません。
つや感は高めですがオイリー感はないので柔らかい肌に仕上げることができマシュマロ肌を作ることができます。
お値段は30mlで1404円なので普段使いにも遠慮なく使えます。

パウダリーファンデーションで人気なもの

セザンヌ ウルトラ カバー UVファンデーションII


従来のものよりカバー力が20パーセントアップした商品です。

粒子が細かいのでシミやニキビ跡をしっかりカバーしてくれるだけでなく厚塗り感がでないようになっています。

パウダリーファンデーションは時間の経過とともに崩れやすいイメージがありましたが、こちらは時間の経過とともに皮脂を吸着して抑えてくれるので崩れにくくなっています。

塗った感じはマット感がメインなので見た目つるっと表面はさらっとした肌を作ることができます。
お値段は600円です。セザンヌは安さが非常に話題になっていますが値段だけでなくコスパがいいのも人気の理由です。

DHC薬用PWパウダリーファンデーション


きめ細かい質感のパウダーなので、さっと塗るだけででシミ・そばかす・くすみ・毛穴をカバーすることができます。

伸びが良く、粉っぽさもありません。
また薬用成分・ビタミンC誘導体が配合されているので、使用している最中もシミの原因となるメラニンの生成を抑制してくれます。

付け心地は軽く、ふわっとした肌に仕上げることができます。

皮脂、汗に強いので長時間つけたままでも問題ありませんし、粒子が細かいので化粧直しする際も厚塗りにならず付けなおすことができます。
お値段は1524円です。

クッションファンデーションで人気なもの!

パルガントン エアリークッションファンデーション


微粒子パウダーがシミやニキビ跡に密着してカバーします。

オイル成分も配合されているのですが体温に近いオイル成分の為、時間がたっても乾燥崩れを起こすことがなく、自然な潤いとつや感も出すことができます。

塗りにくい小鼻周辺もクッションファンデーションなら問題なく塗ることができ楽ちんです。

付いているパフもクッションファンデーションに特化した専用パフの為、厚塗り感もムラ感もないきれいな肌を簡単に作ることができます。

もともとカバー力で人気があったパルガントンですが、カバー力を落とさず扱いやすいクッションファンデーションを発売したことで人気が出ています。
お値段は2500円ですが、レフィルも1400円なので継続して使いやすいお値段です。

メイベリン ピュアミネラル BB フレッシュクッション マット

さらさら肌をつくれるのが一押しポイントです。

メイベリンはクッションファンデーションの発売が比較的早かったと思うのですが、どんどん改良を重ね今ではカバー力、キープ力ともに
人気がでています。
お値段は2592円で、こちらもレフィルが1620円で発売されており愛用者が多い商品です。

自分の作りたい肌感によってファンデーションを選ぼう

カバー力のあるプチプラでおすすめのファンデーションをご紹介してみました。

自分がつくりたい肌感がつるっとしたマットな肌なのか、ふんわりとしたマシュマロ肌なのか、セクシーなつや肌なのか、透明感があるエアりー肌なのかによって選択肢も変わってきますね♪

自分の肌がオイリー肌なのか乾燥肌なのかによっても合うものは変わってきます。
自分にぴったりなファンデーションを見つけちゃいましょう♪

【スポンサードリンク】

こちらの記事も読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ