【ルースパウダー】の使い方。シャネルのおすすめで思い通りの肌に!


ベースメイクにとって必須アイテムのルースパウダー

ルースパウダーの意味をあまり知らないまま使っている方も多いかもしれません。
実は選び方で、自分の思い通りの肌になれます。

中でも不動に人気を誇るシャネルのルースパウダーをご存知ですか?
とても優秀で、一度使えば他のものは使えないと言われるほど…

関連記事

ルースパウダーとは?

ルースパウダーとはフェイスパウダーの種類の一種であり、ベースメイクの仕上げに使用するアイテムです。

粒子の細かい粉状のパウダーで、ふんわりやわらかい使用感なので肌に透明感がでます。
油分も少なくサラサラとした質感で、メイク持ちも良くなり化粧崩れを防ぐ効果があります。

そして、フェイスパウダーにはルースパウダープレストパウダーの二種類があり大きく役割が違います。

同じフェイスパウダーでも、形状もメイクの仕上がりも異なります。
目的や肌質別で選ぶことが大切です。

ルースパウダー

(※ルース【loose】…緩い、バラバラ、固定されていない状態)

  • 粉タイプ
  • ツヤ、ふんわりした仕上がり
  • 崩れにくい

ふわっとナチュラルな雰囲気に仕上がります。

プレストパウダー

(※プレスト【pressed】…プレス、押して平らにした状態)

  • 固体タイプ
  • マットな仕上がり
  • コンパクトで持ち運べる

肌にしっかりフィットして、落ちにくい仕上がりです。

ルースパウダーの使い方

ルースパウダーの目的は最後の仕上がりを美しくみせること。

ファンデーションを塗った最後の仕上げにルースパウダーを使用します。
その中でも、崩れにくく美しくみせるルースパウダーのおすすめの使い方をご紹介します。

リキッド系ファンデーションの場合

リキッド系ファンデーションのあとにルースパウダーを使うことがもっとも基本的な使い方です。
(※リキッド系ファンデーション・・リキッドファンデーション/クリームファンデーション/ジェルファンデーション他)

ルースパウダーをつけるときは、パフに粉をのせて軽く揉み込みます。
そうすることでパフの中でムラができず、均一にパウダーを肌に馴染ませることができます。

肌にのせるときはパフを滑らせるのではなく、やさしくポンポンと肌を押すようにつけることをおすすめします。

滑らせてしまうと、リキッド系ファンデーションの場合はパフでよれてしまう可能性があるので避けてください。

パウダーファンデーションの場合

ルースパウダーをつけるとき、パフに粉をのせて軽く揉み込むことは同じなのですが、一番のポイントはパウダーファンデーションのあとではなく、パウダーファンデーションの前につけることがおすすめです。

なぜかというと、パウダーファンデーションのあとにさらにルースパウダーを重ねることで「粉感」が増してしまい、厚化粧に見られがちになり老けて見えるからです。

パウダーファンデーションの前につけることで、先にルースパウダーで皮脂など崩れにくいようしっかり土台を整えてくれて、軽くパウダーファンデーションをつけるだけでナチュラルできれいな肌に仕上がります。

そして、優しく押し込むように少量を皮脂がよく出やすい「鼻」や「額」「顎」などを中心につけます。
そのあと軽く全体に磨き上げるようにやさしくクルクルと馴染ませると、陶器のようなツルっとした肌になります。

おすすめのベースメイク方法

色付きのルースパウダーの場合は、透明のルースパウダーよりカバー力があります。

さらに上自然なツヤ肌になりたい場合は、化粧下地×ルースパウダーの使用をおすすめします。
元々あまりカバーしなくても大丈夫なほどきれいな肌の方なら、ファンデーションは塗らないほうが肌負担も少なくなり、肌荒れ予防にもおすすめです。

少し気になるところがある場合は、コンシーラーでカバーして使用すると元から肌がきれいな人になれます。

朝の時間がない時でも、化粧下地×ルースパウダー(コンシーラー)なら時短メイクにもなりいつもより時間に余裕ができます。

ぜひ、試してみてください。

毎日使いたい!シャネルのルースパウダー

ルースパウダーと言っても、ブランド・種類は数えきれないほどたくさんあります。

その中でも「一度使うと他のルースパウダーは使えない」ほどの長年にわたり人気を誇るシャネルのプードゥル ユニヴェルセル リーブル

このルースパウダーは本当に一度使うと素晴らしさを実感できます。

  • きれいな肌
  • 毛穴レス
  • 薄づき
  • 崩れにくい
  • 透明感
  • ふんわりした雰囲気

これらの悩みを解決してくれたのがこのルースパウダーです。
まさに思い通りの肌にしてくれます。

CHANEL(シャネル)/プードゥル ユニヴェルセル リーブル

CHANEL(シャネル)/プードゥル ユニヴェルセル リーブル
CHANEL(シャネル)/プードゥル ユニヴェルセル リーブル

全3色
内容量:30g
6,000円 + 税

透明感のある細かい粒子が、やわらかく軽い付け心地で肌をなめらかに整えてくれます。

皮脂崩れも防いでくれる効果も抜群で乾燥から肌を守ってくれ、一枚ヴェールをまとったかのような美しい仕上がりを実現してくれる優秀なルースパウダーです。

きれいな肌を長時間保つことが可能で、つけたてよりも数時間後の方がツヤが出てきれいな肌になります。

お値段が少し高いように思えますが、内容量が多くコスパはとても良いです◎

色は基本的に3色ですが、限定で発売色も発売されることがあるので要チェックです。

  • 10:ランピッド
    明るいベージュ系かと思っていたら、あまりの白さにびっくりしました。
    顔につけたら真っ白にならないか不安になりましたが、実際顔につけてみると不思議なくらい馴染みやすく透明感がとても出ます。
    ほんのりパールが入っているので、毛穴もキレイに隠してくれます。
  • 20:クレール
    どんな肌色にも合わせやすい色で、仕上がりはランピッドと変わらず優秀です。
    しかし、このクレールは少しベージュなので肌をきれいに見せてくれます。
    ルースパウダーにカバー力は期待していなかったのですが、化粧下地+ルースパウダーでも十分肌をきれいにしてくれます。
  • 30:ナチュレル
    しっかりしたベージュでカバー力があります、標準~少し暗めな肌色の方におすすめです。
    こちらも化粧下地+ルースパウダーで十分カバーしてくれて、ツヤ感も出ます。
    肌馴染みが良い色です。

おわりに

ルースパウダーの役目はとても重要です。
ファンデーションだけで終わらせてしまうと、せっかくきれいに整えたきれいな肌を保てなくなってしまいます。

ルースパウダーの種類が多すぎて、どれを使えばいいかわからない場合やルースパウダージプシーになって困っている
方には、ぜひ一度シャネルのプードゥル ユニヴェルセル リーブルを使っていただきたいです。

自分が使用して手放せなくなったルースパウダーなので、胸をはっておすすめできるアイテムです。

ルースパウダーを使って、思い通りの肌を作りましょう。


こちらの記事も読まれてます

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ